銅 例題の検索結果

科目

学年

コース

460

第45講 電池(3)/電気分解(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 前回の講義で鉛蓄電池そして燃料電池と言われる実用電池を確認したねその燃料電池で最
  • チャプター2: のを確認したね例えば亜鉛とを導線で結んで電解質溶液の中にちょこっと入れたら電子

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第16講 糖類(セルロース)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 化にこれを過剰アンモニア水に溶かしたもの無機化学がある程度得意な人は自分で運転
  • チャプター2: じゃあ次に見ていくのがセルロースの構造自体をちょっとだけ変えるそれが半合成繊維じ
  • チャプター3: じゃあて基礎練習問題演習四角1化学1の穴埋めは復習用に使っといてくれる3箇所すべ
  • チャプター4: 次に見ていくのがテキストの演習問題演習私学にまず自分でやっておいてほしいのがグル

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第29講 君を化学の入り口へ
  • 科目理科
  • 対象学年小4
  • コース小4 理科(応用)

チャプターを表示

  • チャプター1: 科学の入り口へようこそ。今日は君たちを科学の世界に連れて行くよまずは身近にあるも
  • チャプター2: 酸素の生成について考えていこう酸素の性質まずは空気中に酸素はあるんだけれども一体
  • チャプター3: 君達計算にチャレンジだ君たちは情報をもらいその情報をうまく使って答えにたどり着く
  • チャプター4: うさどうにもこんなルール道4 G が完全に燃えると酸化ピロンピロンピロン43角
  • チャプター5: 後藤少ないの分子か手を組むことはできないこれが実は君たちにとって大事なこと少な
  • チャプター6: 琅や麒麟は君たちを助けてくれたかなここからは松屋9月が君たちを助けてくれる以外問

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第8講 酸化還元③(COD・ヨウ素滴定・金属のイオン化傾向・電池)
  • 科目化学
  • 対象学年高1
  • コース高1 化学基礎

チャプターを表示

  • チャプター1: カリウムが過剰そして次が実験さん2の溶液の60°から80°にして5かける10の
  • チャプター2: 次に見ていくのが編集四角にはヨウ素滴定と呼ばれるものじゃあヨウ素滴定とは一体何だ
  • チャプター3: うことは知ってるね二種類のメタルを。代表的なボルタ電池っていうのが亜鉛とコレを

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第8講 酸化還元③(COD・ヨウ素滴定・金属のイオン化傾向・電池)
  • 科目化学
  • 対象学年高2
  • コース高2 化学基礎

チャプターを表示

  • チャプター1: カリウムが過剰そして次が実験さん2の溶液の60°から80°にして5かける10の
  • チャプター2: 次に見ていくのが編集四角にはヨウ素滴定と呼ばれるものじゃあヨウ素滴定とは一体何だ
  • チャプター3: うことは知ってるね二種類のメタルを。代表的なボルタ電池っていうのが亜鉛とコレを

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第8講 酸化還元③(COD・ヨウ素滴定・金属のイオン化傾向・電池)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 化学基礎

チャプターを表示

  • チャプター1: カリウムが過剰そして次が実験さん2の溶液の60°から80°にして5かける10の
  • チャプター2: 次に見ていくのが編集四角にはヨウ素滴定と呼ばれるものじゃあヨウ素滴定とは一体何だ
  • チャプター3: うことは知ってるね二種類のメタルを。代表的なボルタ電池っていうのが亜鉛とコレを

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第21講 明治時代IV
  • 科目日本史
  • 対象学年高1
  • コース高1 日本史

チャプターを表示

  • チャプター1: て巻き上げ機の導入など機械化を進めて石炭やの輸出を増やしてパワーアップ。はいと
  • チャプター2: 産業革命について行ってきますと資本主義って言うのは市民革命って言うのがあって身分
  • チャプター3: 次は第二次産業革命ですとですね重工業も。それから電力も。あのね消して軽工業が衰え
  • チャプター4: する住友財閥。本場元は大阪ですからね住友総本店が中心江戸時代より別子山を中心に
  • チャプター5: 頃労働組合船機関士の労働世界ての初の労働組合雑誌。c 足尾山についてなんですけ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第21講 明治時代IV
  • 科目日本史
  • 対象学年高2
  • コース高2 日本史

チャプターを表示

  • チャプター1: て巻き上げ機の導入など機械化を進めて石炭やの輸出を増やしてパワーアップ。はいと
  • チャプター2: 産業革命について行ってきますと資本主義って言うのは市民革命って言うのがあって身分
  • チャプター3: 次は第二次産業革命ですとですね重工業も。それから電力も。あのね消して軽工業が衰え
  • チャプター4: する住友財閥。本場元は大阪ですからね住友総本店が中心江戸時代より別子山を中心に
  • チャプター5: 頃労働組合船機関士の労働世界ての初の労働組合雑誌。c 足尾山についてなんですけ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第21講 明治時代IV
  • 科目日本史
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル日本史

チャプターを表示

  • チャプター1: て巻き上げ機の導入など機械化を進めて石炭やの輸出を増やしてパワーアップ。はいと
  • チャプター2: 産業革命について行ってきますと資本主義って言うのは市民革命って言うのがあって身分
  • チャプター3: 次は第二次産業革命ですとですね重工業も。それから電力も。あのね消して軽工業が衰え
  • チャプター4: する住友財閥。本場元は大阪ですからね住友総本店が中心江戸時代より別子山を中心に
  • チャプター5: 頃労働組合船機関士の労働世界ての初の労働組合雑誌。c 足尾山についてなんですけ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第8講 イオンの検出
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 化学<無機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 硫化の黒色沈殿が沈むぐらいで思っといた方がいいただここで草水上にたまに出てく
  • チャプター2: そして哲朗3+2話傘専門の配位子があったはずじゃ頭の中で答えてみる鉄サンプラス
  • チャプター3: リウムカルシウム鉄カリウム鉛亜鉛これらの9種類のイオンのうち実際に含まれてるの
  • チャプター4: 君て行くのがいいんイオンの検出やっぱり陰イオンの検出にも沈殿や再溶解を使って行く
  • チャプター5: 最後に見ていくのがテキストの演習問題演習四角に硫酸ナトリウム炭酸ナトリウムクロム

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第2講 酸・塩基②
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 化学<無機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 蟹座今回見ていくのが酸と塩基の反応2対て前回の講義で酸と塩基が判断できるようにな
  • チャプター2: それがバラバラに散らばっていくほそれをランダム茶家方向って呼んだけど集まるので
  • チャプター3: 次に見ていくのが弱酸弱塩基遊離反応ともかく水中で電離しにくいものがくっついちゃう
  • チャプター4: 最後に見ていくのが揮発性の酸遊離反応揮発性っていうのは沸点が低く蒸発しやすい製図

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第7講 金属単体の反応
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 化学<無機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: イオン化傾向で買ってる奴が陽性を示していく例えば亜鉛の単体これをイオンを含む水
  • チャプター2: テキストの演習問題演習四角い家が何者であるかが最終的に知りたいそのためにいろんな
  • チャプター3: 初しんどかったよね。カルシウム亜鉛鉄錫銀。イオン化傾向が。この順番であるイオン
  • チャプター4: 最後に見ていくのが両性金属等今回のテーマはメタルの単体だとねその中ですんなりこの

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第21講 糖類(3)/アミノ酸(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: て作られてるかって言ったら水酸化にこれ珍連て覚えてるこれを過剰アンモニア水に溶
  • チャプター2: ここから見ていくのがセルロースがどんなものに利用されているのかませんと言われるも
  • チャプター3: の場合はほぼ真ん中に星4があるから保々中*****酸性アミノ酸の場合にはこの

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第15講 糖類(二糖・デンプン)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回のテーマが二糖類二糖類ていうのは担当が二つグリコシド結合でつながったものはこ
  • チャプター2: て次過去にこのスクロースの加水分解物にフェーリング液を加えて加熱すると酸化市沈
  • チャプター3: 次に見ていくのが通るある意味ここからが本当の高分子4分子量が1万を超えていく巨大
  • チャプター4: さいフェーリング液を還元する反応だから出てくるのは酸化一関。通常の構造決定をや

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第2講 旧石器・縄文・弥生時代
  • 科目社会
  • 対象学年中学
  • コース中学 社会 歴史(基礎)

チャプターを表示

  • チャプター1: じゃあ第2回目は日本酒の話に入っていきましょうね旧石器縄文弥生時代にあります日本
  • チャプター2: はいじゃあ次は縄文時代やりましょうね縄文時代っていう時代の名前なんですけどもあの
  • チャプター3: す。青器と鉄器って金属器が入ってきたけれど別に今までの打製石器磨製石器も使い続け

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第23講 金ぞくのあたたまり方
  • 科目理科
  • 対象学年小4
  • コース小4 理科(基礎)

チャプターを表示

  • チャプター1: れはスタンドだと思ってくださいスタンドにの棒を固定してます下は省略しましたそし
  • チャプター2: ず一つ目の実験なんだけども上から見た図を書きますねこれはどの。板ですどういた出
  • チャプター3: 栄二つの実験チャプターからわかることをまとめていきますでまず熱は。滅せられたとこ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

【物理】第7講 力の大きさとその表し方
  • 科目理科
  • 対象学年中1
  • コース中1 理科(基礎)

チャプターを表示

  • チャプター1: た時にこの分ですねこのお守りとこの物体の質量がちょうど同じになりますよすなわち
  • チャプター2: それではチャプター2に入りますこのチャプター2ではですねえーテキストの庭脛永力の
  • チャプター3: それがチャプター3に入りますこのチャプター3ではですねテキストの3番ですねばねの
  • チャプター4: それではチャプター4に入りますこのチャプター4ではですねえーテキストの練習。基盤

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

【化学】第1講 電解質と非電解質とイオン
  • 科目理科
  • 対象学年中3
  • コース中3 理科(基礎)

チャプターを表示

  • チャプター1: 二つくっついて cucl 2これが蔓延カードでこれが水に溶けると塩化水溶液とい
  • チャプター2: それではチャプター2に入りますこのチャプター2ではですねテキストの2番原子の構造
  • チャプター3: 出するが原子というのは自分の持ってる電子を放出しやすいですねチコママに子放出し
  • チャプター4: 演歌といますここが切れますねそれ一つ目が遠い夏の恋の幕がイオンで CU 2+

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第14講 糖類(単糖)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: るがグルコースブドウ糖だねだから飴玉みたいに個包装になってコンビニでも売ってる
  • チャプター2: ことは酸化1の赤色沈殿酸化i これはアルデヒドとして有機化学でもよく問われるこ
  • チャプター3: 作業に変わるはずね一回ここでが止めて自分でこのフルクトースの作業って作ってみて

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第3講 酸化還元反応・沈殿生成反応
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 化学<無機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 学3番硫酸この時に移動とかよくわかんないなって思う人が入ってたとしたら寝イオン
  • チャプター2: 陽性が弱いから電子をもらうこともあるこの銀やイオンが酸化剤として働くって聞いた
  • チャプター3: 全員還元剤よってどうは還元剤反応した後どう-2+イオンに変わる酸素原子も水素原
  • チャプター4: に。硝酸水溶液と硫化水素。沈む組み合わせは見える。硫化物イオンはイオン化傾向アル

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。