サプリは大人の教養バラエティだ サプリは大人の教養バラエティだ

高校生に人気の
スタディサプリ。
今、
このスタディサプリを使う大人が急増
している事をご存知ですか?

高校生の為のアイテムであったサプリが、
なぜ大人に人気なのでしょうか?

14日間無料で動画をみてみる

FIRST FIRST

高校の授業というと「退屈」と思っている人もいるのではないでしょうか?

でも、日本最高峰と言われる講師の授業はそんなことはありません。

多感な高校生は退屈に敏感。

そんな彼らが
おもしろくてみてしまう授業。

それがスタディサプリです。

再生すると、つい聞いてしまう。
聞いてると、頭に入ってくる。
気付けば記憶に残って身についている。
こんな感じで
再生するだけでメキメキと
教養が身についていく
んです。

まるでテレビ番組をみているみたいだから、学ぶ必要はない、やる気も必要ない。
ただ再生さえすれば
教養が身についていくんです。

SAMPLES SAMPLES

毎月給与天引きされる社会保障費はこれだ
社会保障

毎日の天気予報がわかるようになる!
第6講 季節風・東岸と西岸の気候

外国人と話したい、
やっぱり英語がわかりたい!
英語超入門 受験英語の有用性

動画はどうでしたか?
おもしろさが判っていただけたでしょうか?

もちろん、
ただおもしろいだけじゃ
ありません。

こんな番組をみているだけで、
こんなにプラスになったという声が届いているんです。

VOICE VOICE

転職や再入学

  • 転職時に必要な筆記試験。苦手だった非言語分野を通勤時にスタディサプリで学習したところ、理解が深まり、試験も無事クリアできました。
  • 大学への再入学を考えていますが、予備校に通う時間的・金銭的に余裕がありません。スタディサプリで学習しています。

中2数学(基礎)-第32講確率①
ことがらの起こりやすさ 確率の求め方(1)

一般教養&家庭教育

  • 子どもから「月の満ち欠け」について質問され、うまく説明できませんでした。一緒に学んでいくため、サプリで学び直しています。
  • 大河ドラマをみたり、旅行で地方の歴史的建造物を巡るときに、歴史を理解していることで、みえてくる世界がぐっと深まります。

高3トップ&ハイレベル世界史‹通史編›
第27講 ルネサンス・宗教改革

ビジネス
コミュニケーション

  • 部署異動後の直属の上司が歴史マニア。スタディサプリで世界史を学習したことによって共通の話題でのコミュニケーションが活発になりました。
  • 商品やプロモーション戦略を立てる際に、歴史・経済を理解していることで社会的な影響や多角的な視点が役立ってます。

高3スタンダードレベル日本史
第21講 明治時代Ⅳ

ビジネスパーソンに
大人気の伊藤賀一先生直伝!

今こ「日本近代産業史を学ぶ時!

ミドル世代のビジネスパーソンは、20世紀後半の第三次産業革命を若年期に体感、近年は第四次革命を自習し、詳しい向きも多い一方で、近代産業史(第一次・第二次)には触れる機会が少ないですよね。
情報通信技術〔ICT〕が進展し、IoT・AIといった用語が飛び交う第四次革命〔Industry4.0〕期にこそ、第一次・第二次革命の歴史を振り返り、思考を再構築する機会にしてはいかがでしょうか。

スタディサプリであれば
アーカイブ形式なので
何度でも見直せ、
隙間時間を活用できます!
80分でこんなに学べます。

①日本の資本主義の前提

  • ・文明開化期の殖産興業政策
  • ・大隈インフレ財政と政商の形成(1870年代後半)
  • ・松方デフレ財政と銀本位制の確立(1880年代前半)

②第一次産業革命(日清戦争前後)

  • ・松方デフレ直後の企業勃興
  • ・貿易拡大と金本位制の確立
  • ・軽工業の発展

③第二次産業革命(日露戦争前後)

  • ・重工業の発展
  • ・組織的労働運動の発生
  • ・財閥の形成

TOPICS TOPICS

実はこんな知識人が
サプリを活用しています。

作家、元外務省主任分析官

佐藤 優さん

佐藤さんの記事はこちら

NewsPicksの記事をみてみる

退屈な通勤時間や、音が欲しくてなんとなく
流している自宅のテレビ。
それをサプリに変えただけで、アナタの日常はこんなに変わっていくんです。

ただ月額980円でサプリを流しておくだけで、
アナタの毎日が大きく
変わっていくかもしれません。

なんとなくニュースを読み続けますか? 
なんとなくテレビをつけておきますか?
その前に一度サプリを
無料で観てみませんか?

14日間無料で動画をみてみる

テレビ番組をみているみたいだから、
学ぶ必要もやる気も必要ない。
ただ再生するだけで教養が身についていきます。