釧路公立大学

  • 122人が検討中

経済学科

北海道

地方都市・釧路をモデルに、社会の見方や真の豊かさとは何かなど、地域から国際規模まで生きた経済を学ぶ

募集人数 200
初年度納入金 88.25 万円(関係市町村に住所を有している者は82万2460円です)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

釧路公立大学 経済学部 経済学科の特長

地域をフィールドにした実践的な経済学を学ぶ

経済学科は、理論と実証をバランスよく学習できるように科目を配置しており、4年間の学習を通じて現代の標準的な経済学の内容を身につけ、社会に出て必要とされる実践的な知識を獲得することを目指します。また、「地域」や「国際」といった現実の場・空間で経済活動を問題にする科目も充実しています。

幅広い領域から選択できる専門演習を実施

15人前後の少人数の学生と教員とが、学問を究めるという同じ目線に立って、特定のテーマについて研究・発表などを行っています。経済・経営のほか、哲学、法律、環境など幅広い領域から選択できます。

道外出身者が約40%。公務員・金融系への就職を目指し全国から学生が集う

本学へは、主に公務員や金融系への就職を目指している学生が入学。道内のみならず、道外からも多くの学生が集まるため(道内出身者60%・道外出身者40% ※2019年度)、学内は多様な価値観が共有される活気ある雰囲気となっています。そのような環境であるため、人としての視野が広がるのも魅力のひとつといえます。

全国でも数少ない公立大学中期日程を実施。センター試験は3教科3科目で受験が可能!

本学では、全国でも数少ない公立大学中期日程を実施。一般入試で利用するセンター試験は3教科3科目で、国語・外国語(英語)が必須、地理歴史・公民・数学の16科目から1科目の選択となります。前期はセンターのみ、公立大学中期日程の二次試験は英語(必須)と選択教科(国語か数学)の2教科のみです。

釧路公立大学 経済学部 経済学科の入試情報

入試一覧

釧路公立大学 経済学部 経済学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:ANA新千歳空港、全日本空輸、アクセンチュア、野村證券、北海道銀行、東日本旅客鉄道株式会社、ホクレン農業協同組合連合会、セブン-イレブン・ジャパン、一条工務店

釧路公立大学 経済学部 経済学科の問合せ先

釧路公立大学 経済学部 経済学科お問い合わせはこちらへ

〒085-8585 北海道釧路市芦野4丁目1番1号
TEL:0154-37-5091
student@kushiro-pu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。