青森公立大学

  • 84人が検討中

地域みらい学科

青森

ベンチャービジネスや地域産業、公共経営の実態を深く理解し、地域の未来を見据えた牽引役としての資質と能力を修得

募集人数 40
初年度納入金 69.24~84.9 万円(入学金[県市町村に住所を有している者により異なる]、授業料。実習演習費は別途)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科の特長

行動を通して学び、地域を再生、創造する

学際性、実践性を大切にするのが地域みらい学科の特徴です。1学年40名という少人数教育と1年次からの演習により4年間ガッチリ鍛えられます。行動するプロフェッショナルとして地域ビジネスの起業家、地域行政の専門スタッフ、NPOスタッフなど、広いフィールドで活躍する人材の育成を目指します。

〈知の冒険〉という、3つの段階を踏んで実践的に学ぶ

地域みらい学科の特色は〈知の冒険〉という3つの段階による教育方法。「興奮の過程」では、地域での経験を通して思考力を養います。「科学の過程」では、経験から生まれた問題意識に基づいて専門性を獲得し、経験や知識を結び付けます。「創造の過程」では、問題解決策や事業を構想し、自己の立脚点を築きます。

「地域」の現実に沿った社会の課題を解決したり、新しい可能性を拓く人材を育成

地域みらい学科が育成する人材像は、地域の産業や企業のさまざまな活動の再生、開拓、創造を牽引し、推進するプロフェッショナルやリーダー、起業家となる人材です。また、地域の行政、公益的企業、社会的企業、NPOや市民活動などの公共的な活動を担う組織や団体のプロフェッショナルやリーダーとなる人材を育成します。

より深い学びを究め、地域から世界へはばたくための多様な施設

学内各所に無線LANを設置し学生が持参したパソコン・タブレット端末・スマートフォンからインターネットが利用できます。図書館は土曜日や試験期間中の日曜日も開館。768人収容の講堂は音楽ホールを兼ねています。国際交流ハウス等は市民にも開放。地域社会との交流の場、情報発信拠点としての「まちなかラボ」もあります。

年間行事やサークル活動、委員会活動など、キャンパスライフも充実

青森公立大学の年間行事は10月の大学祭をはじめ、クリーン大作戦、七夕祭、球技大会など多くのイベントが開催されます。またサークルは体育会系・文化系合わせて50弱あり、好きな活動を行うことができます。さらに学友会、大学祭実行委員会など、さまざまなことを自分たちの力で企画・運営する委員会活動も活発です。

国際的な視野を広げる海外留学を積極的にサポート

単位認定の対象となる、約3か月のレギュラー留学(米国)、夏休み期間中の約3週間の短期語学研修(ニュージーランド)の他、単位認定の対象とならない英国スターリング大学への派遣研修(約4週間)を実施しており、費用の助成を行っています。

青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科の入試情報

入試一覧

青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:ツルハ、ユニバース、星野リゾートマネジメント、JTB、北日本銀行、青森銀行、深浦町、津軽海峡フェリー

青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科の問合せ先

青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科お問い合わせはこちらへ

〒030-0196 青森県青森市合子沢字山崎153-4(青森公立大学 事務局)
TEL 017-764-1555

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。