亜細亜大学

  • 734人が検討中

多文化コミュニケーション学科

東京

世界各国の慣習、宗教、観光資源、環境問題など、切り口の異なる多彩な専門科目で多文化理解を深める

募集人数 140
初年度納入金 135.15 万円(※留学プログラム参加者は留学費用が別途必要になります)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

亜細亜大学 国際関係学部 多文化コミュニケーション学科の特長

グローバル社会を楽しく学び、異なる文化をつなぐコミュニケーション能力を高めます

国境を超えて交流する人々とその文化やコミュニケーションについて学ぶことを主な研究テーマとしています。文化人類学、社会学を柱とした幅広い教養に触れながら、フィールドワークによる現場体験型学習を積極的に展開。外国語を駆使したプレゼンテーション能力の向上にも注力します。

外国語によるコミュニケーション能力の習得

英語の学習を基本としつつ(TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 600点以上を目標)、韓国語、中国語、インドネシア語、ヒンディー語、アラビア語、スペイン語の中から1言語を地域言語として選択し、1年次から本格的に学びます。

フィールドワークによる現地体験型学習

国内外での現地調査(フィールドワーク)を通して、自分の感性で多文化に触れ、課題を発見する力を鍛えます。調査後の発表でプレゼンテーション能力の修得にも注力します。

文化人類学、社会学を柱とする多文化理解

アジア、アフリカ、中南米の文化から観光、宗教、多文化インターンシップなど、多彩なテーマの科目を用意。文化人類学、社会学を軸に、国際社会で役立つ幅広い教養が身につきます。

亜細亜大学 国際関係学部 多文化コミュニケーション学科の入試情報

亜細亜大学 国際関係学部 多文化コミュニケーション学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:大和ハウス工業、日本通運、資生堂ジャパン、みずほフィナンシャルグループ、住友生命保険相互会社、東急ホテルズ、日本電波塔(東京タワー)、ANAエアポートサービス、JALナビア、人船員保険会

亜細亜大学 国際関係学部 多文化コミュニケーション学科の問合せ先

亜細亜大学 国際関係学部 多文化コミュニケーション学科お問い合わせはこちらへ

〒180-8629 東京都武蔵野市境5-8
TEL0422-36-3273 (直)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。