鹿児島国際大学

  • 97人が検討中

国際文化学部

鹿児島

異文化理解・外国語・音楽を通じて、地域と世界で活躍する人材を育成

初年度納入金:106.17 万円(音楽学科は160万6660円/入学金及び学友会などの委託徴収費を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
国際文化学科 120
音楽学科 35

鹿児島国際大学 国際文化学部の特長

【国際文化学科】地域から世界まで。多様な文化を学び、視野を広げる

「日本語・日本文化」「アジア言語・文化」「英語・欧米文化」「考古・歴史」の4つのコースを設置。コース横断的な学習として「ビジュアル文化学」「かごしま学」「情報学」「国際観光学」のスキルアッププログラムを置き、コースとクロスして学ぶことで、グローバルな視点を持って地域社会で活躍できる人材を育成します。  

●日本語・日本文化コース
日本語と文学をはじめとする日本の表現文化の歴史と現在を学びます。日本語の法則性、他言語との比較、方言、古典から近現代までの文芸作品、児童文学、映像作品、広告などの幅広い領域の言語と表現の研究を通じて、情報を読み解くリテラシーと自ら発信する表現力を身につけます。  

●アジア言語・文化コース
中国語と韓国語の専修に分かれ、各言語の文化・歴史的背景とともに、実践的語学力を高め、各国語検定試験対策を行います。

●英語・欧米文化コース
1年次で基礎力養成、2年次で応用力養成、3~4年次で英語実務能力養成を行い、これからの国際社会で活躍するためのしなやかな価値観と、世界に通用するコミュニケーション力を磨きます。これらを踏まえて英検対策も行い、1級レベルの合格を目指します。  

●考古・歴史コース
時間軸に即して地域・国際社会の変化・動向を研究し、遠い過去から現在に至る人間とそれをとりまく諸現象を探求する分野です。過去を知ることによって未来を展望できる能力を身につけると同時に、発掘・野外調査などのフィールドワークを通じて実践的なプレゼンテーション能力を身につけます。

【音楽学科】国際レベルで活躍できる演奏技術を持ち、音楽文化の発展に寄与する人材を育成

「器楽(ピアノ・管弦打楽器)」「声楽」「作曲」の3コースを設置し、国際社会で活躍すると同時に地域社会の文化発展に寄与する音楽人の輩出を目的にしています。個人レッスンと音楽理論などの授業を通して、音楽界で活躍できる人材を育成します。  

●器楽コース=ピアノ課程・ピアノ演奏家課程  
少人数制による徹底した個人指導を中心に、ピアノ技術教育の本質を追求します。ピアノ課程では地域でのピアノ演奏と指導者を、ピアノ演奏家課程では世界に通じるピアニスト育成につながる教育を行います。  

●器楽コース=管弦打楽器課程・管弦打楽器演奏家課程  
専攻できる楽器はフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、サクソフォーン、リコーダー、トランペット、ホルン、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ギター、打楽器。管弦打楽器課程と管弦打楽器演奏家課程に分かれて勉強します。いずれも個人レッスンによる徹底指導によって演奏技術の修得を目指します。管弦打楽器演奏家課程ではさらに高度な指導を行い、演奏家として必要な技法を獲得できます。さらに合奏、大合奏を通してアンサンブルの方法を学びます。学内発表や学内リサイタルに出演し、演奏家としての体験も積むことができます。

●声楽コース  
声楽個人レッスン、重唱、オペラ、日本歌曲研究、舞台語発音法、合唱など声楽を学ぶために必要な授業が充実しています。歌うことが、自分の声と体を使って音楽を表現できる喜びであることを発見し、学生一人ひとりにふさわしい演奏ができるよう指導します。  

●作曲コース  
世界にたった一つのオリジナリティあふれる音楽を創造。これこそが作曲コースの目標です。作曲実技などの授業を通じ、時代や地域、ジャンルを横断した様々なアートから芸術表現に関する知識や技法、そして創造性を培っていきます。

中学校・高校などでの実習機会を提供

「実習支援課」では、中学校・高校等での教育実習などをサポート。各種免許・資格取得に必要な実習がスムーズに行えるよう、手配や計画、教育的支援を行っています。資格取得に関する科目履修の相談にも応じています。

国際文化学科 卒業生の声~「学部での学びとサークル活動で得た知識が、今の私の原動力です」

「ガス漏れや火がつかないなどお客様からのお問い合わせ対応、修理、調査を行う部署に所属し、お問い合わせ応対、伝票処理を担当しています。入社当初は全く知識がなく、失敗もたくさんありましたが、お客様から『ありがとう』の言葉をいただいた時には、やりがいとともに、もっと頑張ろうという気持ちが湧いてきました。在学中から地元鹿児島に貢献できる仕事がしたいと思い、就職活動を開始。生活に欠かせないエネルギーの供給を行い、人々の暮らしを支える仕事に魅力を感じ、今の会社を志望、入社しました。学生時代には、学部での学びだけでなく、サークル活動にも力を入れ、所属していた日本語検定サークルで身につけた知識や技術は、社会人になった今、とても役立っています。また留学ではありませんが、1週間程度アメリカに滞在する機会を得て、言葉の壁を感じながら海外の人と触れ合い、異文化交流できたことで、積極性も身につけられたと思います。鹿児島国際大学は、留学制度も整っているので、海外へ行きたい、将来は国際社会で活躍したい人にもお勧めの大学です。充実した環境の中で過ごした4年間は、私にとって思い出深く、かけがえのない貴重な時間となっています」
(国際文化学科 2016年3月卒業 瀬戸口 麗那さん/鹿児島南高等学校出身/就職先:日本ガス株式会社)

音楽学科 卒業生の声~「人の感情に寄り添う音楽を、私にしかできない方法で伝えていきたい」

「音楽の勉強を続けながら演奏活動を行っています。人の感情に寄り添うことのできる音楽に、私自身助けられたこともあり、そんな素晴らしい音楽を私にしかできない方法で伝えていきたいと思い、演奏家を目指しました。ある演奏会で、演奏終了後に2人の女の子が『いつか池田さんのようになりたいです』と握手を求めてきてくれたことがあります。私の演奏、音楽が誰かの心に届いたという嬉しさと、私がオルガニストになりたいと思ったきっかけが同じだったので、涙が出そうなくらい嬉しかったのを覚えています。大学在学中に作曲を本格的に開始。担当教授が基礎から丁寧に指導してくださいました。私の疑問や足りない知識を根気強く教えてくださいました。そのサポートがなければ、今こうして様々な曲を編曲したり、演奏できていなかったと思います。鹿児島国際大学は、本気で頑張る人には全力でバックアップしてくれる先生方がたくさんおられる、とても素敵な大学です」(音楽学科 2016年3月卒業 池田 有沙さん/松陽高等学校出身/就職先:ローランド株式会社(演奏家))

教員免許からビジネス実務系資格まで

所定の単位を修得することで、中学校や高校の教員免許、司書・司書教諭や社会教育主事任用の資格を取得できます。課外の資格対策講座では「教員採用試験対策学内講座」を開講しています。資格取得だけでなく、採用試験合格に向けたサポートも行っています。

《国際文化学部 全学科共通》
●取得できる資格
・司書〈国〉
・司書教諭〈国〉

《国際文化学科》
●取得できる資格
・中学校教諭免許状一種(英語・国語)〈国〉
・高等学校教諭免許状一種(英語・国語)〈国〉
・博物館学芸員〈国〉
・日本語教員養成課程

《音楽学科》
●取得できる資格
・中学校教諭免許状一種(音楽)〈国〉
・高等学校教諭免許状一種(音楽)〈国〉

鹿児島国際大学 国際文化学部の問合せ先

鹿児島国際大学 国際文化学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒891-0197 鹿児島県鹿児島市坂之上8-34-1 鹿児島国際大学 入試・広報課
TEL/099-261-3211(代)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。