薬学科

東京

6年制の充実したカリキュラムで薬学を身につけ、スペシャリストを目指します!

募集人数 240
初年度納入金 237.36 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

昭和薬科大学 薬学部 薬学科の特長

6年間を通して、段階的に高度な知識・技能と豊かな人間性を養成

昭和薬科大学では、豊かな人間性を養い、化学・生物学・物理学の3分野をバランスよく身につけることを基本目標として、基礎から専門へ、さらに臨床薬学科目へと段階的に履修します。5年次には病院・薬局で5ヶ月の実務実習を実施し、6年次は卒論をまとめ、薬剤師国家試験を目指します。

4年次から、希望進路に応じて3つのコース制を採用

4年次から希望進路に応じて3コース制を採用しています。
【臨床薬学コース】学外研修も予定され、臨床の場で力を発揮できる薬剤師を目指します。
【情報薬学コース】医薬品について必要な創薬から製造まで、すべてのプロセスを学びます。
【総合薬学コース】実験や基礎研究などを通して医療人としての問題解決能力を養います。

病院・薬局を実地に見学したり、心肺蘇生法を学んだり、充実の実習

医師や薬剤師の勤務の様子を見学できる「病院・薬局見学」をはじめ、各種の体験学習のプログラムを用意。消防署員から心肺蘇生法を学ぶ「救急法実習」、医科大学の協力を得て実施する「解剖見学実習」、創薬関連企業研究所などの見学、「特別支援学校見学」などがあります。

3つの学習サポート制度を用意し、学力アップを支援

【LSS】図書館内のLSSに教員が常駐。不明点を気軽に質問できる環境を用意しています。【e-ラーニング】録画された授業映像がPCやスマートフォンで視聴可能。復習や試験前の整理に役立ちます。【SGD教育】少人数で活発に意見を交わすSGD(スモール・グループ・ディスカッション)で主体的な学習態度を養います。

<アドバイザー制度> 学びへの意欲を高め、充実した学生生活を過ごす

学生個々の勉学、その他に関する助言を行う目的で、助言教員(アドバイザー)制度を設けています。各学年は教授・准教授・講師のいずれかの教員(アドバイザー)のもとに、1グループ15人程度の学生が配属されます。各グループは年1回以上の集会がもたれ、アドバイザーと学生並びに学生間の交流を図っています。

<就職支援システム> 学生一人ひとりが希望進路に進めるよう支援

CSS(キャリア・サポート・ステーション)と就職支援委員会により就職活動を強力にバックアップしています。また、WEBサイトでの情報発信や学生からの相談メールにも迅速に対応。企業や病院、薬局から採用計画などの最新情報を収集し、学生にフィードバックします。

昭和薬科大学 薬学部 薬学科の入試情報

昭和薬科大学 薬学部 薬学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:キッセイ薬品工業、久光製薬、バイエル薬品、 イーピーエス、アルフレッサ、阪大微生物病研究会、東京大学医学部附属病院、横浜市立大学附属病院、総合メディカル、日本調剤、 ウエルシア薬局、スギ薬局

昭和薬科大学 薬学部 薬学科の問合せ先

昭和薬科大学 薬学部 薬学科お問い合わせはこちらへ

〒194-8543 東京都町田市東玉川学園3‐3165
TEL 042-721-1511(代表)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。