情報メディア学科

神奈川

工学的基礎とクリエイターのセンスを備え、あらゆる分野で活躍できるコンピュータ技術者を育てる

募集人数 165
初年度納入金 161.8 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科の特長

アートとITの融合を目指した体験型教育で、工学的基礎とクリエイティブなセンスを磨く

CG、アニメーション、音楽、ゲームなど、コンピュータを使った表現世界はさらなる広がりを見せています。情報メディア学科では、先端のコンテンツ制作環境と、アートとITの融合を目指した体験型教育で、工学的基礎とクリエイティブなセンスを備えたマルチなコンピュータ技術者を育成します

幅広く全体を学びながら深く専門を追究できる、6つの履修コース

各種基礎教育と体験重視のコンテンツ制作教育で、目標とするそれぞれの分野に精通したクリエイター、エンジニアを目指せます
・インタラクションメディアコース
・イメージメディアコース
・CGアニメータコース
・サウンドメディアコース
・ゲームクリエータコース
・キャラクタコース

クリエイターを養成する3つの特訓型授業

【ゲームクリエイター特訓】アカデミックな理論や技術をベースにアート系の要素を学ぶプログラムです
【プロダクションCGクリエイター特訓】第一線で活躍するプロの3DCG監督からCGアニメ制作を学びます
【キャラクタークリエイター特訓】キャラクターに関する基礎教育と体験的な演習で、魅力的なキャラクターについて学びます

本格的なコンテンツ制作スキルとセンスを磨く体験型授業「情報メディア専門ユニット」

3年次に受講する「情報メディア専門ユニット」では、専門テーマについてより高度な応用スキルの修得を目指します。例えば専門テーマ「サウンドコンテンツ」では、作曲に必要な基本的スキルを身に付けた上で、さらにオリジナルの楽曲づくりに挑戦。全員で視聴し意見を出し合い、作品を見つめ直すことで感性を磨きます

コンテンツ制作環境の充実を図る先端の設備

人物や物体の動きをデジタル信号として記録し、取り込んだデータを元にリアルな動きを持つCGキャラクターが作成できる「モーションキャプチャシステム」や、48chマルチトラックレコーディングが可能な機材を備えた「サウンドクリエイティブスタジオ」など、先端の制作設備が整っています

「海外情報メディア研修」で世界を知る

米国の協定大学において行われる「海外情報メディア研修(1ヵ月)」は、ゲームデザイン、2次元グラフィックデザインの2コースにわかれて専門知識を修得するほか、情報技術の優れた企業などを訪問します。また、「国際情報メディア実習」では、デジペン工科大学の講師によるアニメーション制作の授業を実施しています

神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科の入試情報

神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:NSD、サイバーコム、ソーバル、ソルクシーズ、TDCソフト、ディップ、DTS、東京サウンド・プロダクション、富士ソフト、富士通

神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科の問合せ先

神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科お問い合わせはこちらへ

〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
TEL 046-291-3002(企画入学課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。