歯学科

神奈川

知識・技能・態度と優しい心を兼ね備えた、社会に貢献する歯科医師をめざす!

募集人数 110
初年度納入金 395 万円(入学金60万円、授業料285万円、施設設備費50万円。寄付等の徴収は無し)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

神奈川歯科大学 歯学部 歯学科の特長

理解しやすく体系化された教育内容で、学生に無理のない学修プログラム

歯科医師になるための基本的な学修体系を「社会歯科医療系」「歯科咬合医療系」「生命科学口腔病態系」の大きな3つの柱に統合し、医療人としての知識、技能、態度を身につけていく。また6年間の学びの基礎学力を1年次のうちに身につける初年次教育を重視、チームで学修を行うPBL(Problem Based Learning)なども充実している

“5Stage制”による、短期集中学修で着実な単位履修

6年間の長い学修課程で、苦手科目や学修の偏りを防ぐため、少ない科目を集中的に学修し着実に履修する“5Stage制”を導入。7週を1Stageとする学修スタイルで、各科目は6週程度で履修できるように計画し、7週目は履修試験と補完授業を行っていく。万全のサポート体制のため、ステップアップを実感することができる

キャンパスに隣接した「神奈川歯科大学新附属病院」と、「横浜研修センター」で臨床研修を実施

学生の希望とのマッチングによって研修先を決定。2017年11月に完成した最先端医療を行うキャンパス内の「新附属病院」と、地域に愛される医療と教育のための特別施設「横浜研修センター」で臨床研修を実施。各研修先には将来を見据えた複数の特別研修プログラムが用意され、より高い専門性を身につける充実した研修が行える

基礎、臨床、社会歯科学を統合し、研究・教育分野のリーダーを育成する

大学院歯学研究科では、基礎および臨床、社会歯科学を統合し、独創的な発想、論理的思考、旺盛な研究心を備えた歯科医学研究および教育における指導者の育成を目標としている。次世代の歯科医学を担う、柔軟な発想と積極的な行動で将来の歯科医学の発展に貢献する高度な研究を推進する

【国際交流&社会貢献】 NPO法人神奈川歯科大学 南東アジア支援団(KDC-SAS)による活動

この特定非営利活動法人は、2004年のスマトラ沖地震による津波で被害を受けた地域の被災地救援歯科医療活動を目的として設立された。その後、タイをはじめフィリピン、ラオスと活動範囲を拡げ、東日本大震災でも被災地支援復興活動を実施。現地の方々の笑顔と健康に貢献できることが、なによりも励みとなっている

神奈川歯科大学 歯学部 歯学科の入試情報

神奈川歯科大学 歯学部 歯学科の問合せ先

神奈川歯科大学 歯学部 歯学科お問い合わせはこちらへ

〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82
TEL 046-822-9580 教学部

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。