栄養科学科

岩手

東北で真に活躍できる知識と技能、心をもった「管理栄養士」を養成します

募集人数 80
初年度納入金 130 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

盛岡大学 栄養科学部 栄養科学科の特長

地域の健康を支える管理栄養士の育成と万全のサポート体制

大学の所在する北東北地域は、豊富な食資源や高い食料自給率を持つ一方、特有の健康課題を抱えています。地域の特性と食生活の関わりを理解する科目を設置し、地域で活躍できる人材を育てます。管理栄養士国家試験対策、公務員試験対策、教員採用試験対策などの、学生の希望進路をサポートする支援体制も万全です。

健康・栄養に関する専門の知識と技能を持ち、社会の福祉に寄与する人材の育成

社会で活躍する管理栄養士を育成する為に保健・医療・介護分野を重視した専門科目を配置しています。学生は、社会・環境の変化や地域の特性を踏まえた栄養学的な課題を見つけ、専門的知識と技能を用いて、栄養管理・指導ができる力を身につけます。地域で活躍する為に役立つ「地域健康支援実習」等の演習科目もあります。

食と栄養について、様々なアプローチで理解を深める

災害時栄養支援は、管理栄養士による災害時の支援について、その重要性と具体的な支援方法について理解することをねらいとした科目です。災害への備えと発災後の対応を、病院、学校、地域の分野別に学ぶとともに、災害復興期の支援に携わる管理栄養士を特別講師として招き、活動の実際を理解します。

栄養に関する知識や技能を活かして人々を幸せにできる管理栄養士になってほしい

近年、生活習慣病の増加により、人々のライフスタイルや健康状態に応じた栄養管理・栄養指導を行うことのできる管理栄養士が求められています。東北の地域に根ざした大学の特徴を生かし、栄養や疾患の地域特性などについても総合的に学びます。高度な知識や技能を身につけ、立派な管理栄養士になってください。

地元で起こっている健康問題に尽力したい

「地元の秋田で、多くの健康問題が起こっていることを知り、管理栄養士をめざすようになりました。盛岡大学には地域食材資源論などの地域に密着した食の科目があるので入学を決めました。住む場所によって、人々の食生活は異なるので限られた地域の食にとらわれず、幅広い視野で考えながら学んでいます」

管理栄養士をめざす学生一人ひとりをサポート

管理栄養士国家試験に対応した4年間のカリキュラムと一人ひとりに対するきめ細かな個別指導により、学生が合格に向けて常に高い意識を保ち続けられるようにサポートします。管理栄養士国家試験を見据えたガイダンスや講演会を1年次から、模擬試験や専任教員・外部講師による国家試験対策講座などを3年次から行っています。

盛岡大学 栄養科学部 栄養科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:岩手県、岩手県医療局、埼玉県さいたま市、(医)恵仁会三愛病院、(医)友愛会盛岡友愛病院、(医)三良会村上新町病院、(公財)岩手県予防医学協会、(医)平成会健康倶楽部館ファンコート郡山、(医)敬仁会介護老人保健施設アットホームくずまき、(株)鐘崎

盛岡大学 栄養科学部 栄養科学科の問合せ先

盛岡大学 栄養科学部 栄養科学科お問い合わせはこちらへ

〒020-0694 岩手県滝沢市砂込808
TEL 019-601-2645(広報戦略室)
mail kouhou@morioka-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。