東邦大学

  • 998人が検討中

生命圏環境科学科

千葉

地球という生命圏の環境を多角的にとらえ、問題に取り組む人材を育成。自然科学とともに人文・社会科学系の知識も学ぶ

募集人数 60
初年度納入金 159.2 万円(委託徴収金を除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東邦大学 理学部 生命圏環境科学科の特長

自然科学系の科目に加え人文・社会科学系の知識も学び、多角的な視点で環境問題を考え取り組む

理論と実践のバランスを考え、ユニット科目などのユニークな科目構成。2年次までは「コア科目」で学習意欲を高めるとともに、基礎理学力や環境に関わる人文・社会科学を学び、コミュニケーション能力の向上を目指す。3年次からは4つのコースに分かれて専門分野を学ぶが、他コースの科目も幅広く履修できる

地球環境を鋭い視点で見つめ、提言・提案できる人材を育てる4つの専門コース

専門コースは、惑星としての地球環境を考える「地球科学コース」、生態学的視点から環境を解析する「環境生態学コース」、化学分析により環境を健康診断する「環境化学コース」、人間社会の持続的発展から環境を考える「環境管理・創成科学コース」の4つ。3年次からいずれかを選択し、各自が高い専門性を養う

多くの野外実習で生物の生態や自然・環境保全について考える

1年次の環境科学体験実習では伊豆大島3泊4日の実習を行い、陸や海での生物の生態や自然、環境保全について体験学習する。2年次の環境科学海外研修ではハワイ大学で語学研修や野外活動を行う。環境科学野外実習ではフィリピン・セブ島、軽井沢、奥多摩などで野外実習が行われ、学生の希望により実習地が選択可能

4つの基礎科学実験のすべてを履修可能。実験に対応した講義で、バランスよく知識を習得できる

地学、化学、生物学、物理学の4つの基礎科学実験を展開し、幅広い選択肢から興味のある実験をすべて選べる。また、各実験に対応した基礎科目講義も開かれ、高校で理科を未履修の学生でも新たに学ぶことが可能。これらの実験・講義を通じて、バランスよく理学の知識を習得するとともに、自らの興味を再考できる

環境に関する高い知識・技術を必要とする分野で、プロフェッショナルとして活躍

自分の考えと提案を聞き手に明確に伝えるため、「コミュニケーション」と「プレゼンテーション」の能力向上を目指すカリキュラムを用意。企業の環境管理が社会的責任として問われる今、環境分野の高い専門知識を持つ本学科卒業生は貴重な人材として期待され、調査分析や情報作成に携わるスペシャリストの輩出も見込まれる

東京湾三番瀬干潟観察会を毎年開催

理学部公開講座の一つとして三番瀬干潟観察会を毎年開催している。東京湾最奥部の船橋・市川前に広がる三番瀬干潟は、多くの干潟が埋め立てられた東京湾では貴重な場所となっている。観察会ではカニやゴカイ、小魚や貝類の生態や分類、観察などを行い、数多くの生物が東京湾に生息していることに、びっくりするだろう

東邦大学 理学部 生命圏環境科学科の入試情報

東邦大学 理学部 生命圏環境科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:東京ガス、京葉瓦斯、一条工務店、ジブラルタ生命保険、NTTデータSMS、米国三越、大創産業、警視庁、茨城県警察本部、成城学園初等学校

東邦大学 理学部 生命圏環境科学科の問合せ先

東邦大学 理学部 生命圏環境科学科お問い合わせはこちらへ

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
TEL047-472-0666
nyushi@toho-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。