環境科学科

神奈川

地球規模から身近な生活に関する環境問題を正確に把握し、衛生・分析・評価を軸として科学的手法を学びます

募集人数 80
初年度納入金 182.47 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

麻布大学 生命・環境科学部 環境科学科の特長

分析・評価、衛生、保全・教育、持続可能性の観点から環境科学を幅広く学びます

気候変動、水環境、大気環境、土壌環境、生物・植物生態系、社会環境に関する様々な環境問題を、分析・評価、衛生、保全・教育、持続可能性の観点から幅広く学び、環境問題を正確に把握できる能力の育成、そして環境に関する幅広い知識と視野をもち、多様化する社会ニーズに応えられる環境エキスパートの育成を目指します。

生物学と化学を基盤に、幅広い環境科学に対応しています

1年次から段階的に実習を配置し、4年間で多くの実習科目を学べます。実習・演習科目数は27科目、授業の3割を占めています。環境衛生・毒性評価、環境分析、微生物などの他、新たにデータサイエンスやフィールドワークの演習科目も開講しました。

環境科学科の主な授業科目

環境生態学、水環境学、大気環境学、環境フィールドスタディ、分析化学、環境・衛生統計学、病原微生物学実習、環境植物学、放射線衛生学、環境調査実習、社会調査法、衛生行政学、環境計量分析学実習、環境リスク学・実習、環境影響評価学・実習、廃棄物リサイクル論 など

環境問題に対応できる幅広い知識と専門性を獲得し、環境の様々な分野で活躍

化学物質の検査や評価を行う環境分析技術職、環境保全の調査や企画立案、制度設計等を行う環境コンサルティング、環境資源の回収やインフラ管理に携わる環境保全エンジニア、化学・医療機器や水処理装置などを製造・販売する化学・医療機器メーカー、高校・中学教員や公務員などの進路に、高い就職率を誇ります。

段階的な学びにより、環境を通して社会に貢献できる人材を育成します

環境を取り巻く諸問題への対応は、近年ますます重要性を増しています。環境科学科は、生活環境や都市環境のレベルから環境問題を捉え、高度化・多様化する社会からの需要に科学的なアプローチで対応できる人材を育成します。

麻布大学 生命・環境科学部 環境科学科の入試情報

麻布大学 生命・環境科学部 環境科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:環境分析、国家公務員(環境省・国土交通省・厚生労働省)、地方公務員(環境行政・一般行政)、企業の環境関連部門、環境コンサルタント、環境NGO・NPO、大学院進学

麻布大学 生命・環境科学部 環境科学科の問合せ先

麻布大学 生命・環境科学部 環境科学科お問い合わせはこちらへ

〒252-5201 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
TEL:042-769-2032 広報課
koho@azabu-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。