下関短期大学

  • 18人が検討中

栄養健康学科

山口

「しっかりとした知識」「おいしい料理」「人にやさしい」3つのフレーズを持ちあわせた栄養士に

募集人数:30

初年度納入金:121 万円( 入学金24万円を含む。諸会費等を除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

下関短期大学 栄養健康学科の特長

人を想い、「食」を通じて健康をつくる

おいしく栄養バランスのよい料理を作ることは、健康な心身を作る上でも、とても大切なことです。食や調理の専門家を招いて指導を受け、料理とは何かについて自ら考えます。社会貢献活動やゼミ活動なども豊富で、人と接する中で学びを深めます。

実践的なカリキュラム構成。下関にちなんだ授業も!

ただ単に知識を詰め込むのではなく、演習・実習を通して「その知識をいかす」カリキュラム構成を意識しています。また、くじら・ふぐの料理体験や「おやじの料理教室」などの社会貢献活動等、下関にちなんだユニークな活動をしています。

ゼミナールで自分の興味にあった内容を深められる

子どもの食育ゼミ、下関「食」ゼミ、お弁当ゼミ、農業ゼミなど学生の興味を深めるゼミナールが設置されています。地域や付属幼稚園と連携したり、オーガニックや食の安全などをテーマに畑づくりを行ったりと多種多様な学びができます。

在学生の声「コミュニケーション能力が高まりました」

「栄養士とフードスペシャリストの資格取得を目指し、毎日勉強を頑張っています。学生同士や先生との距離が近いので、何でも話せるし、多くのアドバイスがいただけます。」(神保 美咲さん・下関商業高等学校出身)

食品会社で働く卒業生の声「品質の良い美味しい醤油を作りたい」

「私は地元の醤油製造会社に就職し、醤油の塩分濃度やその他成分の分析、試作品の官能評価などを行っています。短大の実験や実習で学んだことをいかしながらさらに経験を重ね、品質の良い美味しい醤油の製造に携わりたいと思います。」(大林 沙也花さん・2018年3月卒)

楽しい学生イベントが多数あります!

「オリジナルレシピコンテスト」は夏季休業中に10品ずつレシピを考案し学園祭で披露、「創作料理コンテスト」は1、2年生で合同チームを作って味とアイディアを競います。先輩との仲が深まる楽しいイベントです。

下関短期大学 栄養健康学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日清医療食品、エームサービス、なごみの里、幸陽園、エムシノ、パネックス

下関短期大学 栄養健康学科の問合せ先

下関短期大学 栄養健康学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒750-8508 山口県下関市桜山町1-1
TEL:083-223-0339(広報室)
E-mail:koho@shimonoseki-jc.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。