国立清水海上技術短期大学校

  • 32人が検討中

船員になる。海で働く。めざせ船長・機関長!

人々の暮らしを支える船。そこで働く船員はやりがいのある仕事です。職場は海という大自然、日常では味わえない感動が待っているでしょう。同じ夢を抱いて集まった仲間とともに、将来の船長・機関長をめざそう!

国立清水海上技術短期大学校を卒業した先輩のお仕事

  • 鈴与海運株式会社勤務として働く鈴木 佑祈さん

    航海士
    鈴木 佑祈さん

前へ

2カ月半を海の上で過ごしたら、約3週間の休日はアウトドアで思い切り楽しむ

鈴与海運株式会社勤務 として働く 鈴木 佑祈さん

鈴与海運株式会社勤務
鈴木 佑祈さん

私の仕事は航海士。瀬戸内海を中心に海上輸送を行う「清浜丸」が職場です。船上の勤務は正午から16時までと深夜0時から朝4時までの2回で、私は主にブリッジで操船を行います。シケの海域を通過する時は、海面のうねりを見て横波を避けるように操舵し、瀬戸内海で他船とすれ違う時には無線で連絡をとって安全を確保します。また狭い海域を通過する時は先輩の後ろで操舵を勉強することもあります。常に緊張しながら仕事と取り組んでいます。でもライトアップされた瀬戸大橋を真下から見上げたり、全国の港で観光ができるのは、この仕事ならではの楽しみ。これからもっと勉強して、まずは三級海技士(航海)の資格をめざします。

国立清水海上技術短期大学校の卒業後の進路データ(2018年3月卒業生実績)

卒業者数: 111名

就職希望者数: 107名

就職者数: 106名

就職率: 99.1%(就職者数/就職希望者数)

進学者数: 3名

国立清水海上技術短期大学校の就職実績(2018年3月卒業生実績)

航空・運輸業界

アジアパシフィックマリン(株)、イイノガストランスポート(株)、英雄海運(株)、鈴与海運(株)、中央海運(株)、東京汽船(株)、浪速タンカー(株)、日本海運(株)、福寿船舶(株)、防災特殊曳船(株)  ほか

サービス業界

オーシャントランス(株)、伊豆箱根鉄道(株)、伊勢湾フェリー(株)、関門汽船(株)、国際フェリー(株)、新日本海フェリー(株)、太平洋フェリー(株)、鳴門観光汽船(株)、マルエーフェリー(株)、(株)名門大洋フェリー  ほか

公務員業界

気象庁、北九州市(消防)、千葉県(警察)  ほか

国立清水海上技術短期大学校の資格取得

船員になるための資格「四級海技士(航海)」「内燃機関四級海技士(機関)」を2年間で取得!

船員(航海士・機関士)として働くためには「海技士」という資格が必要です。海技士の資格を取得するためには「筆記試験合格」「乗船履歴」「海技免許講習修了」「身体検査合格」「口述試験合格」が必要ですが、本校で2年間学び卒業すれば、「身体検査」「口述試験」に合格するだけで「四級海技士(航海)」「内燃機関四級海技士(機関)」を取得することができます。航海士として働く場合に必要な無線従事者資格「第一級海上特殊無線技士」も取得できます。また、多くの学生が三級以上の上級海技士筆記試験に挑戦し、合格しています。

主な目標資格

四級海技士(航海)〈国〉
内燃機関四級海技士(機関)〈国〉
第一級海上特殊無線技士〈国〉
救命艇手適任証書〈国〉
上級(一級~三級)海技士筆記試験(航海)・(機関)〈国〉

国立清水海上技術短期大学校の就職支援

船員を目指すあなたに、船員教育専門の本校が全力でサポートします。

人手不足の海運業界から求人がありますので、あなたに最も適した会社を紹介し、就職できるよう本校が全力でサポートします。1年次は、入学直後から船の種類や船員の仕事内容を学びます。夏休みには内航船乗船体験(希望者のみ)があり貨物船に乗ることができます。船会社の方々との懇談会、海技者セミナー(合同企業説明会)への参加、現場で働く先輩の話を直接聞く機会もあります。船員経験者である教員は良き相談相手です。また、就職ガイダンスを実施し、具体的な就職活動について学びます。2年次は4~12月まで乗船実習ですが、求人情報提供や応募書類作成など、きめ細やかなサポートを就職担当教員が行います。

国立清水海上技術短期大学校の問合せ先

国立清水海上技術短期大学校に関するお問い合わせはこちらへ

国立清水海上技術短期大学校 教務課

〒424-8678 静岡県静岡市清水区折戸3-18-1
TEL:054-334-0922

国立清水海上技術短期大学校のアクセス情報

静岡県静岡市清水区折戸3-18-1 地図

最寄り駅:
JR「清水(静岡県)」駅から静鉄バス20分 「東海大学・海技短大前」下車 徒歩5分

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。