青森中央学院大学

  • 75人が検討中

看護学科

青森

「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」―地域に根ざした実践力ある看護師・保健師を育成します

募集人数 80
初年度納入金 140 万円(諸経費別途必要)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

青森中央学院大学 看護学部 看護学科の特長

地域の保健福祉医療の課題に対応できる看護師・保健師を育成します

青森県は少子高齢化に加え、全国最下位の短命県という課題を抱えています。そうした状況の下、県内の看護師・保健師には、がん看護・老年看護などの高度な知識、技能を有する能力と、チーム医療におけるキーパーソンとしての役割、地域に即した保健医療福祉に貢献できる役割が求められています。

地域が抱える保健医療福祉の課題を解決すべく、特色ある授業で実践力を育みます

「チーム医療論」…保健医療福祉に関わる局面を「チーム」の視点でとらえ、看護の役割や方法を学びます。
「地域と生活習慣病」…地域による健康格差が生じるのはなぜか。地域の健康問題を予防するための医療・保健従事者の役割について学びます。
その他「医療経済学」「救急・災害看護論」など、特徴ある授業を行います。

よりよい看護のためには「経験」が重要。実践を重視した実習教育を行います

授業で学んだ知識・技術は臨地実習で活用することで、専門職として相応しい「本当の技術」へと進化します。本学の臨地実習施設は、まず地域の基幹病院である県立・市立の医療機関を中心に実施。その後、段階を踏んで近隣の医療・福祉施設や保育園、訪問看護ステーション、市町村の保健行政機関等で展開します。

キャンパス内に3つの学生寮を完備。学業に集中できる環境を用意しています

本学では、学生の皆さんが学業に専念し、安心快適な学生生活を送れるよう、キャンパス内に3つの学生寮を設けています。女子専用の寮もあり、部屋のタイプも一人用の1Kから、ルームシェア用の2DKまでさまざま。費用など、詳細は本学までお問い合わせください。

充実した演習室を備えた看護学部棟

看護の学びの中心となる看護学部棟は、心ふれあうコミュニケーション力と豊かな人間性を養う為の場として、また、地域医療や先端技術医療の現場、在宅や地域における福祉施設など、さまざまな分野で活躍できる看護師の育成を目指し、それを可能にするのに十分な施設を備えています。

青森中央学院大学 看護学部 看護学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:国立病院機構青森病院、青森県立中央病院、弘前大学医学部附属病院、むつ総合病院、つがる総合病院、八戸赤十字病院、公立野辺地病院、五所川原市役所

青森中央学院大学 看護学部 看護学科の問合せ先

青森中央学院大学 看護学部 看護学科お問い合わせはこちらへ

〒030-0132 青森県青森市横内字神田12番地
TEL 017-728-0131(代)
E-mail ao2@aomoricgu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。