メディカルバイオサイエンス学科

滋賀

医科学系、創薬科学系、医療情報系の学びを、現代の高度化・専門化したバイオメディカル分野に生かす

募集人数 70
初年度納入金 164 万円(入学金25万円、施設設備費27万円、実験・実習費12万円などを含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部 メディカルバイオサイエンス学科の特長

ヒトの体を理解する医科学と医療情報の知識と技術を修得

最新の医学知識などヒトの体への理解と、幅広いバイオサイエンス・テクノロジーを基盤に、薬学的、生物工学的、分子生物学的な側面からアプローチします。また、遺伝子情報や電子カルテの医療情報などを取り扱う上で必要な、医療情報学に関する専門知識と、データベースなど医療情報を取り扱うIT技術を修得します。

医療分野のビッグデータを活用

医療分野におけるビッグデータやディープラーニング、データマイニングについて深く学ぶとともに、創薬科学や生物工学、分子生物学などの講義や豊富な実験・実習を通じて医科学と医療情報の知識と技術を修得します。

データサイエンス時代の医療や創薬に貢献する人材を育成

薬剤など生体機能分子について理解し、医薬産業の中心的な研究テーマである低分子医薬とバイオ医薬、機能性食品などについての学びを深めることで、新しい時代の医療に実質的に貢献できる人材を育成します。

低分子化合物の構造計算法を確立し、ツールを公開

創薬の場では、病気の因子と結合して働きを弱める低分子の立体構造を割り出し、ドラッグデザイン(医薬品設計)を行います。しかし、分子を構成する原子の組み合わせは無限にあり、計算に数十年を要するものもあります。白井先生の研究グループではその計算方法を確立し、研究成果としてそのツールをWeb上で公開しました。

天然由来の抗菌剤を開発

生物有機化学研究室で「ゼルンボン」という物質の研究をしています。亜熱帯地方に生育するハナショウガに豊富に含まれており、抗菌活性機能を持つことが知られている物質です。そのメカニズムが解明できれば、天然由来で安全性の高い抗菌剤の開発に貢献できると思います。(今村彩瑛さん)

長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部 メディカルバイオサイエンス学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:アース製薬(株)、佐藤薬品工業(株)、アピ(株)、タキイ種苗(株)、キンシ正宗(株)、第一製パン(株)、フジパングループ本社(株)、タカラバイオ(株)、サラヤ(株)、アイテック(株)、(株)日吉、日本クレア(株)

長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部 メディカルバイオサイエンス学科の問合せ先

長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部 メディカルバイオサイエンス学科お問い合わせはこちらへ

〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266番地
TEL.0749-64-8100(代)
jim@nagahama-i-bio.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。