札幌保健医療大学

  • 35人が検討中

栄養学科

北海道

医療人として他職種と連携し、人々の健康と生活を支える栄養教育・食育活動ができる専門職を育成

募集人数 80
初年度納入金 135 万円(入学金、授業料、実習費、施設設備費等含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

札幌保健医療大学 保健医療学部 栄養学科の特長

管理栄養士に必要となる知識・技術を、基礎から実践まで系統的に学修!

管理栄養士に必要な知識・技術を学ぶだけでなく、企業や地域の人と関わりながら根幹となる人間力を養います。3・4年次の臨地実習では、病院・福祉施設・学校・保健所等の実習施設で管理栄養士業務を実践的に学び、それまで培った知識・技術を統合して問題解決力を修得。国家試験対策・就職ガイダンスも1年次から行います。

医療人として、食と栄養の専門家として、実践に即した学び

医療人としての管理栄養士を目指すため、看護学科との合同科目も設置。両学科の学生間で仲間意識を育むことで、チーム医療の活動力も養えます。また企業との商品開発や調理学実習、大学農園での栽培加工体験など、「食」と「栄養」に関わる学びのフィールドが豊富に用意されているのも大きな特徴です。

栄養に関する様々な資格に挑戦できる

所定の科目を履修することで、卒業時に「栄養士」資格、「管理栄養士」の国家試験受験資格、栄養教諭一種免許状を取得できます。また、「有機化学」の単位を修得したうえで、申請により「食品衛生管理者」、国家公務員・地方公務員になった段階で「食品衛生監視員」も取得可能です。

2017年4月、新校舎が完成!

校舎は1~4号館(看護学科)、栄養学科の設備が整う5号館からなり、新校舎の5号館には大量調理に対応した調理室、理化学実験室など最新の設備を備えています。食を「作るところ」から学ぶため、フィールドワークの場として大学農園も整備。また2017年4月に食堂兼売店としてセイコーマートが学内にオープンしました。

少子高齢化社会で、食生活を改善し、国民の健康に貢献できる管理栄養士を育てる

少子高齢化社会を迎え、生活習慣病が国民の健康面の課題になっている現在、その予防策の一つ「食生活の改善」のために重要な役割を求められているのが、栄養指導、栄養・食事管理を行う専門職の管理栄養士です。この社会的ニーズに応えるため、本学科では地域の保健医療福祉に貢献できる管理栄養士を育てていきます。

オープンキャンパスで管理栄養士の世界をのぞいてみよう!

3月からオープンキャンパスを開催します。大学紹介や入試概要説明、体験演習、先輩とのトーク、栄養学科教員作成のランチなど盛りだくさんのプログラムを用意。当日は札幌駅から無料の送迎バスを運行します。詳細は本学HPをご確認ください。みなさまのご参加をお待ちしています!

札幌保健医療大学 保健医療学部 栄養学科の入試情報

札幌保健医療大学 保健医療学部 栄養学科の問合せ先

札幌保健医療大学 保健医療学部 栄養学科お問い合わせはこちらへ

〒007-0894 北海道札幌市東区中沼西4条2丁目1-15
TEL:011-792-3350 札幌保健医療大学 進路支援課

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。