せとうち観光専門職短期大学 (仮称) 専門職

  • 4人が検討中

(仮称)2021年4月新設予定 認可申請中

観光振興学科(仮称)
(仮称)2021年4月設置予定(認可申請中)

香川

2021年4月新設予定(認可申請中)。企業と連携し、観光を実践的に学べる専門職短大

募集人数:80

初年度納入金:115 万円(入学金含む。諸費用が別途必要)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

せとうち観光専門職短期大学 (仮称) 観光振興学科(仮称)の特長

観光振興のエキスパートとして観光産業や地域創生事業をリードする専門職業人材を目指す

「専門職短期大学」は実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関。変化の激しい時代に対応できる「高度な実践力」と「豊かな創造性」を備えた人材の養成機関です。本学は、観光振興のエキスパートとして観光産業や地域創生事業を牽引し、事業イノベーションや地域社会の魅力を創出できる高度専門職業人の養成を目指します。

観光専門職に求められるホスピタリティ・マネジメントの技能を体得

「観光理論」「ホスピタリティ」「地域」「マネジメント」「情報・統計」「英語」の6つの観点からカリキュラムを配置し「観光」を系統的・複合的に学修。卒業単位96単位以上のうち73単位を必修科目、17単位を選択必修科目として、必要な授業科目をすべての学生が学修できる教育課程を構築しています。

短期集中型の授業で観光振興の広範な知識を修得する

急速な社会変化や産業界のニーズに対応することを目的にクォーター制(4学期制の短期集中型授業)を導入。これにより多様なカリキュラム編成が可能となり、集中的に学修に取り組むことによる教育効果が期待されます。

観光分野で高度な実務経験を持つ教員と高い研究能力を持つ教授がいるから、広く深く学べる

本学には、観光産業で高度な実務経験を持つ教員と、高い研究能力を持つ教授、さらには業界の第一線で現職を務める教員がいます。そのため授業内容が豊富で、知識と実践をバランスよく学ぶことができます。今現場で必要とされる技術だけでなく、時代やニーズの変化にも対応できる、理論に基づいた高度な実践力を養います。

長期の企業内実習で高い実践力と観光専門職業人としての意識を高める

1年次第3クォーター、2年次第2クォーター、第4クォーターで75日間の臨地実務実習を実施します。観光支援事業体の実務について基礎的実務から応用的実務までを体験を通じ獲得。さらにインバウンド観光現場や、地域連携活動の実態も体験。実習施設は航空会社や鉄道会社をはじめ宿泊施設、旅行会社など73社を予定しています。

ホテルや空港などの観光関連企業において、観光産業をリードできる専門職を目指す

本学では、ホテルスタッフ、空港業務スタッフ(グランドスタッフ)、鉄道駅係員、観光関連団体の職員といった観光専門職への就職を目指します。現場のリーダーとして活躍するだけでなく、将来にわたって成長し、観光産業をリードしていく専門職を目指します。

せとうち観光専門職短期大学 (仮称) 観光振興学科(仮称)の問合せ先

せとうち観光専門職短期大学 (仮称) 観光振興学科(仮称)に関するお問い合わせはこちらへ

〒761-0113 香川県高松市屋島西町2366-1(旧 高松テルサ)
TEL:087-899-7011

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。