令和健康科学大学(仮称)

  • 38人が検討中

2022年4月開学予定

看護学科
2022年4月設置予定(認可申請中)

福岡

関連病院での実習を通して医療の「今」を学び、医療チームとともに健康長寿社会の中で活躍できる看護のプロを育成。

募集人数 80
初年度納入金 160 万円(入学金、設備維持費、実験実習費等含む。2022年4月新設予定 設置認可申請中のため変更する可能性あり)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

令和健康科学大学(仮称) 看護学部 看護学科の特長

隣接する福岡和白病院をはじめ関連病院が全面的にバックアップ!

現場を体験する臨地実習を行うのは、本学の協力施設。主体となる福岡和白病院は24時間の診療体制が整う総合病院で、救急医療用ヘリポートも有する最先端の医療現場です。最前線の医療から地域医療まで、幅広い患者様に対応した看護を学ぶことができます。講師との距離も近く、気軽に相談しやすい環境です。

新キャンパス建設中!最新鋭の医療機器を使って、即戦力となる医療専門職者を養成

地域の中核病院として、24時間365日の救命救急に対応する福岡和白病院。福岡和白病院のすぐそばに新しいキャンパスを建設中です。最新鋭の医療機器、設備を配置したシミュレーションルームなどの実習室で学び、高い倫理観を土台にして、科学的根拠に基づく知識と専門的な実践力を備えた看護のプロを育成します。

日本の健康福祉に貢献し、人生100年時代を見据えた健康長寿社会の実現に貢献するために

昭和49年に下関カマチ医院を開設し、「福岡・北九州の医療現場から『タライ回し』をなくしたい」という想いから、救急病院を開設しました。そして「人間愛・自己実現」の教育理念に則り、人生100年時代を見据えた健康長寿社会の実現に貢献し、医療専門者としての人材育成を目的に、大学の新設を決意しました。

「手には技術、頭には知識、患者さまには愛を」看護を探究し、健康の担い手となる医療人を育成

地域の人々の健康長寿を実現させるために、本学ではその担い手である医療職者を養成します。対象者を全人的に捉え、高い倫理観のもと多様な場であらゆる健康課題に対して、科学的根拠に基づく看護に実践ができ、加えて生涯にわたり看護を探究し、自己実現を目指す看護のプロを育成します。

多くの学びを得られるカンボジア アンコール小児病院で研修

カンボジアにあるアンコール小児病院へ、海外交流の一環として研修旅行を予定しています。内戦後の復興過程にあるカンボジアの医療・看護を知り、その環境を体験することは、学生一人ひとりにとって大変貴重な経験になると考えています。

令和健康科学大学(仮称) 看護学部 看護学科の問合せ先

令和健康科学大学(仮称) 看護学部 看護学科お問い合わせはこちらへ

〒811-0213 福岡市東区和白丘2-1-12
0800-888-0053(学校法人巨樹の会(大学設置準備室))

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。