花園大学

  • 83人が検討中

臨床心理学科

京都

社会が抱える“こころ”の問題を多角的に捉え、子どもからおとしよりまで段階に応じた心の問題を探ります。

募集人数 85
初年度納入金 130.3 万円(ほかに、各種実習費・課程履修費等が必要となります。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

花園大学 社会福祉学部 臨床心理学科の特長

社会が抱える“こころ”の問題を多角的に捉え、問題解決の糸口を探る

現代社会が抱えるさまざまな“こころ”の問題に対して、心理学的なアプローチから問題解決の糸口を探るのが「臨床心理学」です。花園大学の臨床心理学科では、心理学をはじめ、社会福祉学、精神医学、教育学などを幅広く学び、“こころ”の問題をさまざまな角度から探求することができます。

深く幅広い専門分野の学びと、豊富な現場経験で、実践力を身につける

臨床心理学、発達心理学、心理療法学、精神医学などの専門分野を幅広く学ぶことができる、充実した講義が用意されています。また、現場経験を積むことを重視し、相談援助実習を3回生から、心理実習を4回生から実施します。指導にあたる教員も現場経験が豊富で、最新の技法と連携を学ぶことができます。

“こころ”の専門職「公認心理師」へ

公認心理師は心理職”初”の国家資格。医療機関をはじめ、教育機関、福祉機関、司法・矯正機関、一般企業などメンタルヘルスの現場で、心理職に今後必要とされる資格です。2018年4月、臨床心理学科に公認心理師の受験資格が得られる※コースを開設しました。
※受験には修士課程の修了、若しくは一定期間の実務経験が必要

実践的で専門性の高いカリキュラムで、将来のための資格取得をめざす

心理学的な視点から社会福祉を学ぶ「臨床心理学科」で取得できる資格・免許は、日本心理学会認定心理士、精神保健福祉士国家試験受験資格、社会福祉士国家試験受験資格、社会福祉主事任用資格、高等学校教諭一種免許状(福祉)など。また、大学院臨床心理学領域に進学すると、公認心理師・臨床心理士の受験資格が得られます。

地域の人へのカウンセリング。「花園大学心理カウンセリングセンター(HCC)」を設置

学内に「花園大学心理カウンセリングセンター(HCC)」を設置。臨床心理士の資格をもったスタッフが中心となり運営していて、地域の人への貢献としてカウンセリング活動を行っています。大学院へ進学後は、この「HCC」で実習経験を重ねることができ、実践的なカウンセリング技法を身につけることができます。

将来の目標にむけての実習教育と卒業研究の充実

精神保健福祉士や社会福祉士の国家試験を受験する学生は、1~2回生からのボランティア体験で、3~4回生の現場実習を実りあるものにすることができます。また、商品の陳列方法の研究、消費行動に関する研究、臨床心理学を活用した営業活動など、企業で活用できる臨床心理学を卒業研究として取り組むこともできます。

花園大学 社会福祉学部 臨床心理学科の問合せ先

花園大学 社会福祉学部 臨床心理学科お問い合わせはこちらへ

〒604-8456 京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1
TEL 075-277-1331(入試課)
E-mail: nyushi@hanazono.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。