機械電気システム工学科

京都

ロボット、ドローン、電気自動車等、成長分野の未来を担うグローバルエンジニアを育成します

募集人数 200
初年度納入金 166.86 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都先端科学大学 工学部 機械電気システム工学科の特長

いちはやく実践の場で活躍できるグローバルエンジニアへ

1年生から手を動かす授業を行い、「自立力」や「洞察力」を養いつつ、工学に使える数学や物理、英語力も修得します。3・4年生では、企業のリアルな課題に向き合う授業を通して、自分のめざす分野を見つけだし、専門性を強化。幅広い専門領域はどれも産業・社会と深くつながっており、あらゆる場面で活躍の力となります。

工学部で身につく4つの力

実践的な学びを通して“学ぶ目的”を理解・体感しながら4つの力を育成します。物事を大きく捉える「俯瞰力」、世界と対話する「語学力」、物事を深く極める力「専門性」、社会課題と向き合う力「実践力」を身につけ、幅広い成長分野に求められるグローバルエンジニアをめざします。

ベルリッツ・ジャパンと連携した英語プログラム

グローバルに活躍する技術者をめざして、1・2年生で集中的に行われる英語プログラムは、140年以上の歴史をもつ英会話スクール「ベルリッツ・ジャパン株式会社」と連携して実施。2年間で23コマを英語教育にあて、実践的な使える英語を身につけます。

専門性を強化するキャップストーンプロジェクト

国内外の企業が抱えているグローバルなビジネス課題と向き合い、解決に近づくための方法を探る「キャップストーンプロジェクト」。企業の方々と協働しながらプロジェクトを進めていくリアルな体験は、究極のインターンシップとも言えます。

産業の未来を生み出す研究拠点、京都先端科学大学の大学院と連携

京都先端科学大学では、多くの企業が求める「モータ工学」や「ロボット工学」の先端的な研究を進める大学院(工学研究科)を2020年4月に設置。機械電気システム工学科は同大学院と連携した先端教育のため、卒業後は学科で学んだ未来の技術を、大学院でも引き続き研究することが可能です。

最新鋭の実験・研究設備を備えた新校舎・南館(工学部棟)

京都太秦キャンパスに完成予定の南館(工学部棟)が工学部の学びの拠点。工学の多様な領域の学びに対応した先進的な教育・研究環境を整備。フリーアドレス制デスクのラーニングコモンズで、研究室や学年の壁を越えて自由闊達な雰囲気で切磋琢磨できます。

京都先端科学大学 工学部 機械電気システム工学科の入試情報

京都先端科学大学 工学部 機械電気システム工学科の問合せ先

京都先端科学大学 工学部 機械電気システム工学科お問い合わせはこちらへ

【京都太秦キャンパス】〒615-8577 京都市右京区山ノ内五反田町18
TEL:075-406-9270(入学センター直通)
メール:nyushi@kuas.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。