法学部

鹿児島

法学を学び、社会のさまざまな分野で活躍できる法律専門職、公務員、高度職業人を育成します。

募集人数:145

初年度納入金:101.5 万円(入学金15万円、授業料60万円、教育充実費26万5000円/その他、委託徴収金が別途必要)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
法律学科
法ビジネス学科

志學館大学 法学部の特長

法律学科

法学部法律学科は、基礎から全般的に法律を学べる学科です。法律学は、高校で学ぶ機会が少ないので、入学者の誰もが初学者といえます。全員が同じスタートラインに立ち、法の基本的な考え方を基礎から丁寧に学ぶことができ、法律学に特有の思考法(リ-ガルマインド)を確実に身につけることができます。本学科では、各年次における少人数教育を徹底しており、これを活かしたきめ細かな指導や双方向型の授業を通して、内容の充実した学習が可能です。また、学年が進行するに従い、自己の関心や興味に沿った学習が可能なので、無理なく専門的な知識を深めていくこともできます。さらに、法学研究会や資格センターを活用すれば、さらに高度に専門知識も身につけられ、法律関係の資格取得や公務員試験の突破、法科大学院(ロースクール)への進学も目指せます。

法ビジネス学科

法学部法ビジネス学科は、ビジネスにおいて必要とされる法とビジネスの知識を同時に学べる学科です。実際のビジネス現場では、企業に関する法的な知識のみならず、経営・経済の知識や会計の知識も求められています。さらに、企業人としてのモラルやコンプライアンス意識を身につけることも近年では重要視されています。企業にとっても、多角的な知識や視点を持つ学生を採用すれば、即戦力として大きな力を発揮することができます。こうした状況を背景として、本学科では、企業の求めている知識を学生が無理なく学習できるようにカリキュラムを編成し、コンプライアンス意識を身につけ、ビジネス現場で即戦力となる人材の育成を目指しています。また、2年次の必修科目として「法ビジネス基礎演習」を設け、ビジネスの最前線に触れることのできる機会を提供しています。

法ビジネス基礎演習

法ビジネス学科では、「法ビジネス基礎演習」を2年次の必修科目としています。この科目では、企業と社会とのつながりを学んだ後、鹿児島県中小企業家同友会との連携により、受入先の企業で夏休みを利用して就業を体験します。また、企業経営者による講演会も開催されます。このように、ビジネスの最前線に触れることができるほか、就業感が高められるため、3・4年次での就職活動へのよい刺激となります。

卒業後の進路

◆法的素養を身につけ、企業・官公庁・病院・施設・学校などのあらゆる職場で活躍できる人材
◆行政を学び、公務員・警察官
◆資格を取得して、法律の専門職である法実務家
◆より専門的な法知識・技術を身につけ、法曹(裁判官・検察官・弁護士)
◆法とビジネス知識を身につけ、ビジネス現場で即戦力となる人材
として活躍できます。

法律学科

●取得できる資格/中学校教諭一種免許状<国>(社会)、高等学校教諭一種免許状<国>(公民)、社会福祉主事任用資格、学芸員<国>、司書教諭<国>、司書<国>、日本語教員養成副専攻修了証
●目標とする資格/司法書士<国>、行政書士<国>、社会保険労務士<国>、宅地建物取引士<国>、法学検定試験、ビジネス実務法務検定試験、ファイナンシャル・プランニング技能士<国>、秘書技能検定

法ビジネス学科

●取得できる資格/社会福祉主事任用資格、学芸員<国>、司書<国>、日本語教員養成副専攻修了証
●目標とする資格/司法書士<国>、行政書士<国>、社会保険労務士<国>、宅地建物取引士<国>、法学検定試験、ビジネス実務法務検定試験、ファイナンシャル・プランニング技能士<国>、秘書技能検定

志學館大学 法学部の問合せ先

志學館大学 法学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒890-8504 鹿児島県鹿児島市紫原1-59-1
TEL/099-812-8501(代)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。