水産大学校

  • 117人が検討中

水産流通経営学科

山口

水産を通して<モノ、ひと、社会>を学びます。

募集人数:20

初年度納入金:91.78 万円(入学金28万2000円含む。教科書代など約3万円が別途必要。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

水産大学校 水産流通経営学科の特長

水産をめぐる人々の暮らしをより豊かに。活気あふれた社会の実現をめざします

経済学や経営学などの社会科学的なアプローチを用い、水産物の生産・流通・消費の過程と、その背景になっている経済的・社会的な状況を把握するための経済、制度、政策、金融、地域振興、食文化などに関わる学問や分析技術を広く学びます。

魚介類の「生産」から「加工」「販売」までを直接見て、現場の声を聞くことからはじめます

座学と並行して、実習船で水産物の「生産現場」である漁業を体験するところからスタート。そして市場、加工工場など、水産物が流通ルートに乗って加工され家庭に届くまでのルートを全て見学します。水産物のマーケティングに関わる人たちの仕事を実際に見て、話を聞き、課題を把握して解決方法を探っていきます。

水産業と異業種のタッグで、新しいビジネスの創造に挑戦!明日の水産業を支えるチャンスを提案

これまでの漁業経営やまちづくりが見直され、各地で活性化の動きが盛んに起きています。それと共に、水産物に対する価値の基準や直売システムなどに変化が生まれ、一方では、多くの異業種が水産業との連携に大きな期待を寄せています。そこで、新たな発展を生む連携ビジネスと経営戦略を追求していきます!

現場の人の生の声を直接聞くことができるのが魅力!(Tさん)

水産学部というと理系のイメージが強いかと思いますが、本学科では経営や流通といった違った切り口から水産学を勉強することができます。また、日本全国の水産系の学科の中でも専攻している人が少ないので、企業からは引っ張りだこな学科です。市場・漁協・食品メーカー・商社など就職先も多岐にわたりますよ。

流通、水産政策、地域振興など幅広く学びます(Yさん/2017年卒/全国漁業共済組合連合会勤務)

在学中は調理や乗船実習、漁業者さんと接するなど「水産業」を様々な視点で学びました。その中で水産政策に興味を持ち、現在は漁業者さんのための保険を扱う仕事をしています。これは不漁や台風被害など、不慮の損失への備えです。出張先で漁業者の皆さんから「助かっている」と言われ、この仕事のやりがいを感じています。

水産業をとりまく流通ルートの多様化をリードする、買い付けや販売の第一線で活躍!

本学科では、水産物のあらゆる流通方法や消費などを、現場の声を実際に聞いて学習できます。こういった体験を活かし、地域における水産振興や教育・研究をすすめる行政や団体で働いたり、生産と流通に関する知識を活かし、ブランド化や販路拡大などを目的とした水産関連企業で活躍したりする卒業生が多数います。

水産大学校 水産流通経営学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:全国共済水産業協同組合連合会山口県事務所、日本遠洋旋網漁業協同組合、東京都職員、(株)福岡魚市場、(株)極洋、(株)水研、第一水産(株)、東洋冷蔵(株)、(株)松岡、横浜冷蔵(株)、(株)ライフコーポレーション、ニチモウ(株)、アイオ(株)、(株)AEVIC、月形町農業協同組合

水産大学校 水産流通経営学科の問合せ先

水産大学校 水産流通経営学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒759-6595 山口県下関市永田本町2-7-1
TEL:083-286-5371(教務課:入試専用)
nyushi@fish-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。