大阪河崎リハビリテーション大学

  • 13人が検討中

「崎」の右側のつくりは実際には”奇”ではなく”竒”です。

言語聴覚学専攻

大阪

ことば、聴こえ、飲み込みの機能を維持・向上し、その人らしさを取り戻してもらうための「言語聴覚士」を目指す!

募集人数 40
初年度納入金 185 万円(※教科書・白衣等の費用については別途必要です。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 の特長

「ことば・聴こえ・飲み込み」の障がいから共に希望を見出すために

「話す・聴く・飲み込む」などに関しての支援や発達障害の方たちに対する療育、加齢による聴力低下や嚥下機能低下の予防・改善など、幅広く学修します。コミュニケーションをとることや食べることに障がいのある方に、その人らしさを取り戻すため、医師の指導のもと治療を行う技能を修得します。

子どもについてしっかり学べる環境

本専攻では子どもが発する言葉への関心を高めるための、生きた知識が得られるカリキュラムを用意しています。また、1・2年次から認定こども園や特別支援学校、大学併設クリニックなど、臨床現場を実際に見学する機会を数多く用意。子どもと接する多くの機会を設けています。

子どものコミュニケーション障がいの1つ、言語発達障がいについて学ぶ「言語発達障害学」

生まれてきた子どもの言語が発達する過程で“何をどのように”獲得していくかを学びます。また、成長する過程や学習場面において言語獲得につまずきを示す子どもに対し、どのように支援や訓練を行うのかを学修します。

河崎グループのバックアップで充実した臨床実習を経験

河崎関連病院や関連施設で医療現場の見学や実習関連授業を実施できるので、学修のみならず実習の対策も万全。さらに河泉会(OB・OG会)とも連携を取り河崎グループ全体で学生の学びを支援します。また、本学がこれまで培ってきた信頼と実績で臨床実習施設数が162施設あり、大学付近または自宅付近での実習が可能です。

人が充実した生活を送るための「支援のプロ」を目指しています

話す・聴く・食べることは、人が楽しく生きるために最も大切なこと。それらの機能回復を行う言語聴覚士の仕事に魅力を感じています。日本語50音のしくみを学ぶ音声学、友人と互いに練習をする聴力検査法など、授業は興味のあることばかり。他専攻の学生との交流も多く、毎日が充実しています。

自閉症・学習障がいを支援する小児施設などにも広がる言語聴覚士の活躍の場

医療施設(大学病院・総合病院など)、肢体・言語聴覚障がい児施設(小児療育センターなど)、社会福祉施設(老人福祉施設・児童福祉施設など)、教育・研究施設(特別支援学校・幼稚園・小学校・言語聴覚士養成校など)、行政関連施設(保健所など)、コミュニケーション機器関連企業などでの活躍が見込まれます。

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の入試情報

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:市立吹田市民病院、阪南市民病院、愛仁会リハビリテーション病院、富永病院、馬場記念病院、阪和第一泉北病院、琴の浦リハビリテーションセンター、貴志川リハビリテーション病院、和歌山つくし医療福祉センター

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の問合せ先

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒597-0104 大阪府貝塚市水間158
TEL 072-446-7400(入試センター)
nyushi@kawasakigakuen.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。