薬学科

岐阜

医療系大学の薬学部誕生。4学科合同のチーム医療でさまざまな分野で活躍できる薬学のエキスパートを育成します。

募集人数 100
初年度納入金 226.2 万円(入学金20万円、学納金195万円、委託徴収会費11.2万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

岐阜医療科学大学 薬学部 薬学科の特長

4学科合同で行うチーム医療で協調性、学際性など必要な技術と知識を習得します

本学は、保健科学部 臨床検査学科、放射線技術学科、看護学部 看護学科の3学科が共に学ぶカリキュラムで、チーム医療に不可欠な協調性や学際性、コミュニケーション能力を養えるプログラムが特色です。2020年4月、新たに薬学部が加わり4学科によるチーム医療の新体制がはじまります。

4学科による新体制のもと、高度化・ 複雑化する未来の医療界を支える人材を育成していきます

医療・福祉・行政・教育機関及び関連職種の連携の必要性とチームの一員としてのあり方を理解し、チーム医療に積極的に参画する行動力と実践力を身に付けます。更に、社会生活で身に付けておくべき人間性、問題解決能力、情報処理や外国語によるコミュニケーション能力を身に付けます。

薬学の知識を活かして各分野での活躍が期待できます

薬学の知識を活かせるフィールドは多岐にわたります。【病院薬剤師】【薬局薬剤師】【製薬会社】【在宅医療】【化粧品メーカー、化学メーカー、食品メーカー】【県庁や国公立の研究機関(公務員)】など、どの分野でも活躍できるように独自のプログラムを計画しています。

薬剤師<国>資格取得をめざします。卒業後も取得のサポートをします

本学は現行の3学科において全国トップクラスの国家試験合格率を誇っています。模擬試験や過去問分析など、さまざまな国家試験対策やサポート体制で、クラス担任による熱心なマンツーマン指導で合格に導いています。

可児キャンパスに薬学棟誕生

2019年4月に可児キャンパスが誕生し、薬学棟が完成。OSCEに対応できるよう、全面ガラス張りの1階は模擬薬局や調剤実習室、薬物治療管理室、模擬病室、無菌注射室、監査室が設置されています。また、気軽に学生同士のコミュニケーションが取れるよう、ラーニングコモンズや個別ブースのある多目的ルーム等も完備しています。

担任制度、少人数教育で一人ひとりをきめ細かくフォローします

担任制・少人数教育を実施。オリエンテーションや新入生交流会もあり、早く大学生活に慣れるよう大学全体でフォローします。各学科では担任制度を採用し、1クラスにつき複数の担任がついてきめ細かな指導を行って
います。薬学科も同じく、担任が学生一人ひとりと向き合い、将来の夢を支えていきます。

岐阜医療科学大学 薬学部 薬学科の問合せ先

岐阜医療科学大学 薬学部 薬学科お問い合わせはこちらへ

〒501-3892 岐阜県関市市平賀字長峰795-1
0120-23-4186(フリーダイヤル・入試広報課)
gumsk@u-gifu-ms.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。