秋田職業能力開発短期大学校

  • 19人が検討中

電子情報技術科

秋田

ハードとソフトの技術の融合を目指す

募集人数:20

初年度納入金:55.92 万円(入学金16万9200円、年間授業料39万円。※その他、教科書・実習服等別途負担)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の特長

ハードとソフトの技術の融合を目指す

ディジタル家電や携帯情報端末に使用されているエレクトロニクスの基礎と応用を学びます。昨今のデジタル機器にはコンピュータが内蔵され、それを動かす膨大なソフトウェアが組み込まれています。このプログラム開発についても学び、開発現場さながらの最新鋭の設備で機器を設計、試作し実践的な知識・技術を習得します。

ハードウェア・ソフトウェア・通信ネットワークの3分野から、実践技術を身に付ける

ディジタル・アナログ電子回路を組み合わせた設計・実験・計測など電子機器製作に必要な技術、システムの設計・分析、プログラミング、データ構造・アルゴリズム、テスト手法などソフトウェア開発の技能・技術、移動体通信、インターネットなど通信ネットワークを活用するための技能・技術を身に付けます。

人工知能の基礎となるニューラルネットワークシステムの構築

卒業研究の一つのテーマとして、現在の人工知能(AI)の基礎となるニューラルネットワークシステム(機械学習システム)の構築に取り組んでいます。既存のライブラリに頼らず、学習機能を有するシステムの開発が特徴で、プログラムの実装後は、手書き数字の学習、認識可能なシステムを目指しています。

「技能検定を受検して技術が上達しました!」

私は電子回路などの知識はほとんどもっておらず、授業や技能検定に多少不安がありましたが、先生のアドバイスと動画教材を使用した実習を基に検定の練習をして技術が上達しました。1年生の時に受検した技能検定では、電子機器組み立て3級に合格すると共に、秋田県の技能検定成績優秀者として表彰も受けることができました。

ソフトウェア開発、電子回路設計、プログラム開発、筺体設計など様々な実習に最適な環境を整備

CADシステムで設計した電子回路を自作する電子機器組立て実習や、コンピュータ相互をネットワークに接続し、自ら開発した通信機器を接続するネットワーク実習なども行います。情報通信工学実習では、ネットワーク機器の設定や仕組みを実際の機器を操作し、ネットワーク社会を生き抜く実践的な技術を身に付けます。

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)小滝電機製作所、十和田オーディオ(株)、(株)渡敬、ニプロファーマ(株)、東光コンピュータ・サービス(株)、(株)メイテック・フィルダーズ、ブリヂストン・タイヤジャパン(株)、プライムエンジニアリング(株)、仙台国税局

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の問合せ先

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科に関するお問い合わせはこちらへ

〒017-0805 秋田県大館市字扇田道下6-1
TEL:0186-42-5600(学務援助課)
E-mail:gakumu@akita-pc.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。