管理栄養学科

埼玉

個人のニーズに応じた適切な栄養評価、指導を実行できる能力を身につけた「臨床に強い」管理栄養士を養成

募集人数 80
初年度納入金 155.87 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東都大学 管理栄養学部 管理栄養学科の特長

管理栄養士に必要な基礎的な知識、技術から実践能力までを段階的に学ぶ

授業科目群を3つに分け、豊かな人間性を備えた管理栄養士を養成。「基礎科目群」では人間の尊厳と基本的権利を理解し、相互理解力を高めます。「専門基礎科目群」では、専門分野の知識や技術を習得するための基礎知識を習得。「専門科目群」では栄養管理・栄養指導、総合的なマネジメントを実践するための力を習得します。

管理栄養士に必要な能力を身につけるための特色ある多彩な授業を展開

1年次に管理栄養士の職域や役割を理解するために、ゲストスピーカーから最前線を学ぶ「キャリアデザイン」の授業があります。3年次には、給食の運営に必要となる基本的な業務を実習施設で体験し理解する「臨地実習(給食の運営)」を実施。献立の立案から配膳に至るまでの衛生管理を含めた生産管理の一連の流れを学びます。

講義で学んだことを臨地実習で活かし、実践力を養う

3・4年次の臨地実習先には、保育所、学校給食センター、病院、介護老人保健施設を用意。各実習先で求められる力を培うために計画、実行、評価、改善の4サイクルを学習し、学内の学びと臨地実習を有機的に結びつけるとともにアクティブ・ラーニングを取り入れ、学生自身がテーマや目標を持って実習に臨めるよう指導します。

実験を通して専門的な知識・技術を習得する

1・2年次には微生物学実験、調理科学実験、解剖生理学実験、生化学実験I・II、食品学実験I・II、基礎栄養学実験、食品衛生学実験などを用意しています。講義と実験を並行して行うことで、それぞれの講義で学んだことを実験で立証的に確認し、あわせて実験手技を習得します。

卒業時に管理栄養士国家試験の受験資格と、栄養士国家資格を取得できる

管理栄養学科卒業時には、管理栄養士国家試験の受験資格が得られ、同時に、栄養士国家資格が取得できます。また、所定の科目を履修し卒業することで、小学校や中学校において教員として食育の推進や栄養指導・管理を行う栄養教諭一種免許や、食品衛生管理者・食品衛生監視員の任用資格も取得することができます。

4年間の大学生活を充実させる施設・設備を完備!

管理栄養学部では、管理栄養士を目指す学生が学ぶために必要な充実した教育環境を整えています。「理化学実験室」「衛生学実験室」「臨床栄養学実習室」「栄養教育論実習室」などの各種実験室には、ガスクロマトグラフや質量分析計、原子吸光分析計、骨密度測定器などを設置し各種分析を行います。

東都大学 管理栄養学部 管理栄養学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:病院、学校、食品メーカー、レストラン、社会福祉・介護施設社員・職員・学生食堂、保健所・保健センター

東都大学 管理栄養学部 管理栄養学科の問合せ先

東都大学 管理栄養学部 管理栄養学科お問い合わせはこちらへ

〒366-0052 埼玉県深谷市上柴町西4-2-11
TEL:048-574-2500(入試広報室)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。