[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2020年8月時点)

農学部

宮崎

農学部

募集人数:285

初年度納入金:81.78 万円(文部科学省令で定める2020年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

宮崎大学 農学部の特長

農学部

 植物生産環境科学科では、地球の生態系・自然環境と農業生産との調和を図るための環境保全型農業に関する教育と研究を推進している。また、安全で高品質な農産物を効率よく生産するための基礎知識や栽培技術を身につけるためのカリキュラムと、植物生産と生産環境に関連した専門知識を国際的視野から深く学ぶためのカリキュラムを提供し、地域・世界の農業に貢献できる人材の育成を目指している。
 森林緑地環境科学科では、私たちの身近に存在する森林・緑地は、人類がこの地球上で生存し続けるために必要な資源を生産する場であるとともに、快適で安全な生活をすごすための環境を守る上で欠くことのできない存在であると認識し、森林や農山村・都市・海岸域を含めた緑地の機能を探求し、持続的な農林業、豊かな自然環境、そして快適な生活環境との調和を目指した教育・研究を行う。
 応用生物科学科では、バイオサイエンス分野の最先端技術を用いた生物の機能解明と活用、食品の機能と利用法および安全性について探求している。その研究対象は動物、植物、微生物、これらを活用した食品ならびにそれらをはぐくむ土壌・生態系にまで及び、最先端のバイオテクノロジーを駆使した研究を通じて、生命・食料・環境に関する幅広い知識を学ぶことができる。
 海洋生物環境学科では、海洋を含む水圏環境について深く学び、その生物の多様性と利活用を理解・修得することによって、広く人類の未来について思索し、地域ばかりでなく、国際社会に貢献できる人材育成を目指している。
 畜産草地科学科では、自給飼料に立脚した家畜生産や安全でおいしい畜産物を食卓に提供するための研究を行っている。対象となる分野は幅広く、野生生物・環境保全の場としての草地生態、遺伝資源利用、地球環境の保全、フードチェーンにおける衛生管理など、多岐にわたる。学んだことは実験動物や展示動物の管理にも応用できる。
 獣医学科では、獣医師国家試験に対応する獣医学教育を基本として、動物の疾患の予防・治療にかかわる獣医師、動物と人の共通感染症の防御など、人や動物の健康・福祉に貢献する獣医師を養成する。なかでも、南九州の特色である産業動物獣医師の養成に力を入れている。また、平成22年度にはわが国ではじめて医学と獣医学が融合した大学院(医学獣医学総合研究科)が設置され、先進的な獣医療を実施する高度獣医師育成コースや国際的に活躍できる研究者育成コースヘの進学が可能である。

宮崎大学 農学部の入試情報

入試一覧

宮崎大学 農学部の問合せ先

宮崎大学 農学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒889-2192  宮崎市学園木花台西1丁目1
(0985)58-7138 (入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。