岡山商科大学

  • 120人が検討中

経営学科

岡山

企業という組織の中で総合的に活躍できる人材を育成。

募集人数 150
初年度納入金 116.9 万円(入学金10万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

岡山商科大学 経営学部 経営学科 のコース

学科・コース名 募集人数
経営コース
情報・メディアコース
会計コース

岡山商科大学 経営学部 経営学科の特長

経営コース/経営資源(人・モノ・金・情報)の活用方法を学び、問題を発見・解決する力を修得

生産システムや資金調達、人材活用に関する知識を講義、演習、実地調査を通して修得。経営戦略や組織のあり方を学びながら、問題の分析とその解決方法に加え、「考える力」を養います。将来は、常に経営的な視点から仕事ができる人材、とりわけ企業という組織で総合的に活用できる能力を備えた人材を育成します。

情報・メディアコース/ビジネスの視点から情報通信技術に積極的に関わっていける人材を育成

経営資源でもある情報に重点を置いて学習をするコースです。情報技術の革新が新しいビジネスチャンスを生み出し、常識を覆すこともある現代社会。次々に生み出される情報技術に臆することなく関わっていくために、単に技術を身につけるための実技教育だけでなく、情報通信技術の理論も学ぶことができます。

会計コース/会計学を通して社会の仕組みや変化を把握する力を身につける

会計は企業等の活動をルールに従って記録し、結果を一定期間ごとに報告するものです。近年、企業経営でますます重視されている会計を理解するのに、必要な知識と共に、会計に関する諸制度や理論を学びます。コース内に税理士、公認会計士等を目指す「会計専門コース」を設置。入学時から会計分野に重点を置いて学習します。

柔軟なカリキュラム選択により、自分の目標に合った授業を選択可能

経営資源(人、モノ、金、情報)の何に重点を置いて学びたいかによってコースを決定します。幅広い知識の修得だけでなく、少人数制のゼミを中心とした実践的なカリキュラムを用意。経営学科内での科目選択は比較的自由なので経営資源の活用法を総合的に学べ、組織で活躍するための実力をつけることが可能です。

少人数での議論を通して自分の考えを明確に持ち、それを発信する力を養います

幅広い知識を修得することはもちろん、大学全体の特長である少人数制を生かした授業を行っています。演習授業でのディスカッションを通して自分の考えを発言する力を身につけると同時に、自ら考える力や他者の発言を理解し共有する力を養い、実社会に出た後も通用する折衝能力を高める内容となっています。

充実した奨学制度であなたの「学び」を応援します

一般公募制推薦入試(学校推薦型選抜)、一般入試(一般選抜)、大学入学共通テスト利用入試(一般選抜)では、成績優秀者対象の奨学制度や本学が指定する資格の取得者を対象とした奨学制度があります。専願入試(総合型選抜を除く)では、高校時の成績優秀者に授業料の一部を減免する制度があります。

岡山商科大学 経営学部 経営学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:タマホーム、関東電化工業、大松精機、大和冷機工業、大成ラミック、寺田ポンプ製作所、富士鋼業、みのる産業、スズキ、大和クレス、三菱電機住環境システムズ、水島ゴム工業用品、ブリヂストンタイヤサービス西日本、伊丹産業、山陽ヤナセ、ネッツトヨタ岡山、ホンダカーズ津山、香川銀行、おかやま信用金庫、大山日ノ丸証券、香川県信用組合、四国西濃運輸、せとうちシステム、西日本システムサービス、岡山医学検査センター、阿新農業協同組合、岡山西農業協同組合、セコム、税理士法人パートナーズ、綜合警備保障、日建、西崎司法書士土地家屋調査士事務所、三宅会計、鹿児島県教育委員会、警視庁、兵庫県警察本部、神戸市教育委員会

岡山商科大学 経営学部 経営学科の問合せ先

岡山商科大学 経営学部 経営学科お問い合わせはこちらへ

〒700-8601 岡山市北区津島京町2-10-1
TEL 086-256-6652(入試課)
E-mail nyusi@po.osu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。