沖縄国際大学

  • 780人が検討中

地域行政学科

沖縄

沖縄の公共的課題に密着しながら市民のニーズを理解し、地方が抱える問題の解明・解決に全力を注ぐ人材を育成します

募集人数 110
初年度納入金 97.12 万円(入学金・授業料ほか含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

沖縄国際大学 法学部 地域行政学科の特長

沖縄の公共的課題に密着しながら、これからの「地域」観と「行政」観とを明確化します

行政の法制度や自治体の行政運営を中心に、法律、政治、外交、経済に関わる講義科目、地元沖縄に根ざした体験科目を多彩に設けています。米軍基地、地域経済、雇用、福祉など沖縄の自治体が直面するさまざまな課題と向き合うことで、地方、日本、世界への理解を深めていきます。

法・行政・政治・経済の内容をバランスよく組み入れたカリキュラムを展開しています

身近な社会に隠れている問題を発見し、分析し、地域をより良くするアイデアや政策を考える能力を培うためのカリキュラム。2年次以降は地方自治論、行政学、政策過程論、公共事業論など専門性を高める科目で学びを深めていきます。政治・行政の実務に従事する公務員などを講師に招いての講義も導入しています。

【民事訴訟法】

「相続問題や交通事故だけでなく、SNSや友人関係などの身近な問題も含まれる法的トラブル。授業では身近な法的トラブルの解決方法を理解し、その最終手段である民事裁判の流れについても学べます。この知識があれば身近な人が困った時にきっと解決策をアドバイスできると思います」。
(沖縄尚学高校出身 垣花 有紀)

「法律や行政、政治、経済など幅広い分野を学び、将来は地域の発展に貢献したい」

「行政・財政・立法面などの様々な分野の学問を関連付けて学ぶことで、地域が抱える課題について深く考え、広い視野で物事を捉えられるようになります。実際に行政に携わっている方やNPO法人で活動されている方から話を聞くなど、卒業後の進路を考える機会があるのもこの学科の魅力です」。
(糸満高校出身 賀数 玲央奈)

【地方公務員】「恩納村の魅力を世界へ発信し、盛り上げたい」

「地域に貢献したい、という思いから、『社会公共のために多方面で活躍する人材を育てる』を目標に掲げる地域行政学科に進学しました。授業で学んだことは公務員試験対策にもなり、行政の現場にも直結していて、今も役に立っています」。
(恩納村役場商工観光課観光係勤務/冨着 開/中部商業高校出身)

沖縄国際大学 法学部 地域行政学科の入試情報

沖縄国際大学 法学部 地域行政学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:沖縄県警察、沖縄県農業協同組合、トランスコスモス、沖縄県観光事業協同組合、沖縄総合事務局、沖縄銀行、沖縄ホンダ、浦添市役所、イオン琉球、琉球朝日放送、ダイコー沖縄、裁判所事務官

沖縄国際大学 法学部 地域行政学科の問合せ先

沖縄国際大学 法学部 地域行政学科お問い合わせはこちらへ

〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1
098-893-8945(入試センター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。