生物生命学部

熊本

食品・バイオ・医薬・医療・環境・エネルギーなどの幅広い分野で活躍できる生命科学のスペシャリストに!


学科・コース名 募集人数
生物生命学科 150

崇城大学 生物生命学部の特長

生物生命学部

いろいろな生物や細胞、生物により作られる生体分子、あるいは生物からヒントを得て作られる機能性分子をうまく利用すれば、人の健康維持や食の充実、新しい農薬、夢の抗がん剤が作れます。さらに、環境・エネルギー分野の新しい技術が生まれます。一方で、このような生物・生命の無限とも思える「潜在的」能力は、数十億年という気の遠くなるような長い時間に及ぶ生物の営み、進化によってもたらされ、そのほとんどが未だに人の理解が及ばない不思議のベールに包まれています。生物生命学部では、生物・生命の基礎から応用まで、系統的かつ幅広く充実した内容の教育をしています。同時に、生命の不思議のベールを一枚一枚剥がすように粘り強く、学生と教員が一体となって研究を進め、食と健康、医薬から環境まで幅広い分野で地域、社会や世界にインパクトを与える研究成果を生み出しています。

生物生命学科

◆生物機能科学コース 微生物の機能を活かした発酵食品や健康寿命を延ばす天然素材の機能性食品の開発、地球環境の保全などを研究対象とします。
◆応用生命科学コース 癌治療の研究、免疫系解析の医療応用、細胞工学的医薬品開発、人工臓器、再生医療、新医療機器の開発などを研究対象とします。

「遺伝子科学」

~生命の不思議・遺伝子の基礎を学ぶ~
遺伝学および逆遺伝学の概念と手法、遺伝子の構造と機能の解析法、遺伝子操作法などについて解説し、生命現象の分子機序について理解を深めます。

「細胞工学実験」

~動・植・微生物細胞によるものづくりを学ぶ~
この実験では細胞培養に必要な技術を習得するために基礎培養実験を行い、細胞の培養過程における増殖特性や細胞内に蓄積された物質を分離するための基礎的な操作方法、細胞の生命活動を維持する上で重要な酵素の反応特性を調べます。

「微生物遺伝学」

~DNAの基本を詳細に学ぶ~
原核生物や真核生物などすべての生物や多くのウイルスの遺伝情報を担うのはDNAです。その基礎分野を詳細に学びます。例えば、突然変異は自然に生じ、適応によって生じるのではないことなどDNAの基本を学びます。

「応用微生物学実験」

~微生物を扱うための基本技術を学ぶ~
自然界からの微生物の分離法、微生物の保存法、酵母とカビの形態観察や栄養要求性変異株の取得方法についてなどの実習を行い、微生物を扱うための基本技術を習得します。

崇城大学 生物生命学部の入試情報

崇城大学 生物生命学部の問合せ先

崇城大学 生物生命学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒860-0082 熊本県熊本市西区池田4-22-1
096-326-6810

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。