生活環境マネジメント学科

埼玉・東京

衣・食・住そして環境分野にフォーカス。人々の快適な暮らしを支えるビジネスのプロを目指して

募集人数 80
初年度納入金 120.2 万円(※別途、学生会費4000円、後援会費2万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

跡見学園女子大学 マネジメント学部 生活環境マネジメント学科の特長

環境・社会と両立するエコビジネスを提案する能力を育てる

ファッションや食品、住まいなど、身近な生活への関心から出発し、企業経営やリサイクル、省エネなど、エコについても学びます。そして地球環境の保護と社会の発展に貢献する持続可能なビジネスを学び、女性の視点から、環境や社会と共生するビジネスで活躍するための専門知識と実践力を身につけます。

3つの履修モデルで幅広く学ぶ

女性の視点を生かし、幅広い分野で活躍できる能力を養成
<衣食住マネジメント>衣食住を中心とする生活環境に関するマネジメント能力を身につけます。
<社会生活マネジメント>社会生活と消費生活に関するマネジメント能力を身につけます。
<環境マネジメント>環境政策と環境経営に関するマネジメント能力を身につけます。

早期に行われるインターンシップ(就業体験)

2年次で必ず全員が履修する「アカデミック・インターンシップ」では、授業の一環として、夏季休暇中に2週間程度、企業などで就業体験を実施。衣食住を扱う企業や自治体、環境団体を中心に就業体験を行うことにより、3・4年次における専門分野の学修に向けた大きなステップとなります。

専門分野の知識を活かし、考えられる将来の進路

衣食住関連の企業、NGO・NPOで生活環境の充実に貢献したり、地方公務員・国家公務員として、環境行政や都市行政、消費者保護行政などに携わっていくことが可能です。また、企業の消費生活アドバイザーをはじめ、資産運用を含めた家庭経営や消費経済活動等に関するアドバイスを行うプロとしても活躍が期待されます。

消費生活アドバイザーの資格取得をバックアップ

消費生活アドバイザー資格は、消費者相談の受付及び処理を中心に、調査・広報、商品開発などに携わるための専門の資格。本学科のカリキュラムでは、消費生活アドバイザー資格試験に対応した科目を設置しています。そのほか、福祉住環境コーディネーター検定試験(R)、eco検定(R)などの受験をサポートします。

1年次から始まるキャリア支援プログラムで、就職に向けてサポート

1年次に実施される進路ガイダンス、3年次に行われる就職活動準備講座など、様々なプログラムで学生をバックアップ。また、就職課スタッフによる学生との1対1の相談体制が充実。気軽に足を運べ、利用しやすいと評判です。学生の活動状況を随時把握し、個別の対応、情報提供等の支援を可能にしています。

跡見学園女子大学 マネジメント学部 生活環境マネジメント学科の入試情報

跡見学園女子大学 マネジメント学部 生活環境マネジメント学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、アットホーム、東芝ライフスタイル、マイナビ、三越伊勢丹、ロクシタンジャポン、ソフトバンク

跡見学園女子大学 マネジメント学部 生活環境マネジメント学科の問合せ先

跡見学園女子大学 マネジメント学部 生活環境マネジメント学科お問い合わせはこちらへ

〒112-8687 東京都文京区大塚1-5-2
TEL 048-478-3338(新座キャンパス・入試課)
d-nyushi@mmc.atomi.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。