跡見学園女子大学

  • 140人が検討中

現代文化表現学科

埼玉・東京

映画・舞台芸術・ファッション・現代文学・音楽など日本の現代カルチャーを研究し、文化創造を支える人材を育成する

募集人数 120
初年度納入金 120.2 万円(※別途、学生会費4000円、後援会費2万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

跡見学園女子大学 文学部 現代文化表現学科の特長

映画、舞台芸術、ファッション、現代文学など、あらゆる文化表現を講義と実習の両面から学ぶ

映画、舞台芸術、ファッション、現代文学、音楽、デザイン、現代美術、アニメ、マンガなど、現代社会で生み出されるさまざまな文化。こうした文化表現について、歴史や理論といった講義科目と、映像メディア、デジタル表現、現代デザイン、パフォーマンスの実習科目から学修。表現技術についても修得していきます。

身の周りにあるさまざまな文化表現を学ぶ、多彩なカリキュラム編成

さまざまな現代文化を専門的に学ぶため、映像メディアからマンガまで多彩なカリキュラムを設定。また、文化表現を批評し、その魅力を発信するライティング・スキル(書く力)を身につける演習科目を設置。3・4年次には各自の研究テーマに基づく卒業研究に取り組みます。

エンターテインメント業界からファッション、デザインまで幅広い分野が活躍のステージに!

卒業後は、映画、音楽、マンガ・アニメーション、ファッション、広告・デザインなどの分野で、新たな文化を生み出すクリエイターを目指すことが可能です。また、こうした文化を流通・発展させる大切な役割である企画、広報、営業、エディター、ジャーナリストとして活躍できる人材を育成します。

文化表現について多角的に理解し、次の文化創造の担い手となる人材を養成

現代の文化表現についての学修・研究を通じて、「文化を理論的・批判的に捉え考える力」「文化の歴史と現状に関する幅広い知識」「文化表現の制作現場に対する実践的な理解」「文化を文章によって説明・論述する力」の4つの力を修得。幅広い教養を備え、新たな文化の創造・発展に貢献できる人材を養成します。

1年次から始まるキャリア支援プログラムで、就職に向けてサポート

1年次に実施される進路ガイダンス、3年次に行われる就職活動準備講座など、様々なプログラムで学生をバックアップ。また、就職課スタッフによる学生との1対1の相談体制が充実。気軽に足を運べ、利用しやすいと評判です。学生の活動状況を随時把握できるので、個別の対応、情報提供等の支援が可能となっています。

跡見学園女子大学 文学部 現代文化表現学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:大和ハウス工業、ドクターシーラボ、中央化学、極東電視台、竹書房、トランスコスモス、アビステ、東京堂、三井住友銀行、東京スター銀行、みずほフィナンシャルグループ、城南信用金庫、城北信用金庫、明治安田生命保険、JTB、IMSグループ、ベネッセスタイルケア、日本郵便、幸手市役所、埼玉県警察

跡見学園女子大学 文学部 現代文化表現学科の問合せ先

跡見学園女子大学 文学部 現代文化表現学科お問い合わせはこちらへ

〒112-8687 東京都文京区大塚1-5-2
TEL 048-478-3338(新座キャンパス・入試課)
d-nyushi@mmc.atomi.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。