発達栄養学科

大阪

キーワードは「食」「健康」「発達」。人々の健康を支える「食育」を究め、“食”と“栄養”のスペシャリストに

募集人数 80
初年度納入金 153.29 万円(学外実習費等別途必要)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

相愛大学 人間発達学部 発達栄養学科の特長

幅広いフィールドで活躍できる“食”と“栄養”の専門家を育てます

基礎の徹底と現場経験を重視したカリキュラムのもと、食環境の課題を発見・解決するために専門知識と実践力を養い、管理栄養士や栄養教諭の資格・免許の取得をめざします。企業や官公庁と連携した食育事業に取り組むことで「人間力」も育成していきます。

希望の進路に応じたクラス編成で学習効果をアップ。国家試験受験対策も万全です

3年次に希望の進路に応じてクラスを再編します。一人ひとりの学生に的確な指導を行うことで、学習効果を高めます。また、国家試験受験対策は1年次からスタートさせ、3年次には試験対策科目を設置するなど、強力なサポート体制を整えています。

豊富な実務体験で実践力を習得。実践的に学べるエクステンション事業も展開

病院や福祉施設での臨地実習、インターンシップに加え、産官学食育実践演習では食品開発、製造、流通や、行政による食育の実践的演習を学び、官公庁・企業・地域と連携し、食育の普及をめざすエクステンション事業を展開しており、学びを実践する貴重な機会となっています。

医療・福祉や保育・教育の現場、さらには企業や行政機関など、様々な分野での活躍が可能

病院や福祉施設で栄養指導などを行う「管理栄養士」。保育所や幼稚園、小学校などの保育・教育機関で「食育」を実践する「栄養教諭」。企業や行政機関などで健康な食の在り方を発信する専門職など、卒業後は、本学科で身に付けた幅広い専門知識と技術を活かして、様々なフィールドでの活躍が期待できます。

時代のニーズに応える最新の施設・設備環境で、管理栄養士や栄養教諭としてのスキルを磨きます

本学科は、最新鋭のLC-MS装置を備えた精密機器室、高精度の基礎代謝測定装置を設置した臨床栄養実習室、1人1台のノートパソコンを設けた栄養教育実習室、オール電化の食品栄養実習室など、充実した学習環境が整っています。こうした食と栄養の学びを支える最新の施設・設備を駆使して、専門性を身に付けることができます。

管理栄養士の国家試験合格をめざして、入学直後から学科全体での取り組みを開始!

「管理栄養士」の資格取得を目標に、入学直後から模擬試験に取り組んだり、気軽に学習相談ができる環境を整えたりと、国家試験対策に関して充実のサポート体制を整えています。効率よく学べることから、学生の中には「管理栄養士」資格取得をめざしながら、クラブ活動やアルバイトも頑張っている学生もいます。

相愛大学 人間発達学部 発達栄養学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:病院、児童福祉施設、高齢者施設、学校、給食会社、ドラッグストア、食品メーカー

相愛大学 人間発達学部 発達栄養学科の問合せ先

相愛大学 人間発達学部 発達栄養学科お問い合わせはこちらへ

〒559-0033 大阪市住之江区南港中4-4-1
TEL 06-6612-5905 入試課
E-mail nyuushi@soai.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。