大阪工業大学

  • 650人が検討中

情報科学部

大阪

人と社会をつなぎ、便利で快適な未来を生み出すITのエキスパートとして活躍

募集人数:460

大阪工業大学 情報科学部の特長

学部の紹介

今後の情報社会に必要な情報技術領域を網羅した教育・研究を展開。情報技術者として活躍するには、C言語や
Javaなどのプログラミング言語に関する知識が必須です。そのため1~2年次に徹底したプログラミング教育を実施。IT企業の第一線で活躍してきた実務家を含む教員が自らの経験と実績を活かし、最先端の情報教育を行っています。

2021年4月「データサイエンス学科」開設

データサイエンスとは、情報処理や統計学、AIなどを駆使してデータを研究・分析することで、膨大なデータから新たな価値を生み出し、社会の発展に役立てる文理融合の、今大注目の学問です。大量のデータを収集・保管・活用するだけではなく、価値創造を実現するための「ITスキル」、データ分析のための基礎理論をはじめ、AIやアプリを使って分析する「データ分析能力」、課題の背景を理解するための知識、そしてチームで問題解決するための「価値創造力」を身に付けます。社会や企業などで得られる膨大で多様なデータを、AIやアプリを使って実践的に分析する手法を学び、それらの分析結果から課題を見つけ、有効な解決法や新たな価値を見出せる人材を育成。データサイエンティストは、製造・スポーツ・防災・農業・食などのさまざまな分野の企業や社会をはじめ、官公庁・地方自治体においてデータ解析能力を活かした価値創造が期待されています。

スパイラル型情報教育

SE(システムエンジニア)に求められる能力を切れ目なく段階的に養うために独自開発された教育プログラム。知識・技術のバランスがとれたSE育成をめざします。

取得できる資格

高等学校教諭一種免許状(数学・情報)(国)、中学校教諭一種免許状(数学)(国)、技術士補(国)(CSコース修了者)

目標とする資格

技術士(国)(要実務経験4年あるいは7年)

バーチャルリアリティ(VR)室

コンピュータに蓄積された情報と人間の五感とを取り持つインタフェース=バーチャルリアリティの研究を進めています。

ディジタルアーカイブセンター

ディジタルアーカイブサーバー、3次元音響機器、モーションキャプチャ装置などを使い、歴史的収蔵品や伝統芸能などをデータとして保存できる環境を実現しています。

ヒューマンロボティックス研究開発センター

人間の活動を支援するロボットの開発に取り組んでいます。

大阪工業大学 情報科学部の問合せ先

大阪工業大学 情報科学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒573-0196 大阪府枚方市北山1-79-1
06-6954-4086 (入試部)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。