東京女子大学

  • 411人が検討中

歴史文化専攻

東京

人類の歴史と文化を現代的・国際的視野から見渡し、歴史的考察に基づき未来を構想する

募集人数 75
初年度納入金 122 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京女子大学 現代教養学部 人文学科 歴史文化専攻 の特長

人類の歴史と文化を探究し、歴史学的考察からよりよい未来を構想

日本・アジア・西洋の3領域の歴史と文化を探究。日本史と西洋史は時代、アジア史は地域を軸に多様な授業を展開。オリエント史、イスラーム史、世界遺産学、オーラル・ヒストリーなども開講する。複眼的な見方から、先人たちの多様な経験やあり得た可能性を発見し、人生や社会の未来をよりよくする手がかりをつかむ。

自ら調べ、自ら考える力を養成、史料や原典を駆使して歴史にアプローチ

1年次の「人文学基礎演習」に加え、2年次には卒業論文作成に向けた少人数ゼミが始まる。2・3年次で一緒に学ぶ「文献・資料演習」や学年毎の専門研究ゼミがある。4年次は大学での学修のまとめとして卒業論文を作成するため、研究史料や研究方法を検討していく。

人類の歴史と文化を現代的・国際的視野から見渡す

史料から過去を分析し「日本」の歴史を問い、未来を構想するヒントを学ぶ「日本の歴史と文化」、文化やモノからアジア世界の歩みと多様性を学び「なぜ」を解き明かしていく「アジアの歴史と文化」、デモクラシーや国民国家の起源から現代にいたる流れを学び、世界に通用する知を獲得する「西洋の歴史と文化」がある。

多様な時代・地域史とテーマ史、実践的な科目も

日本・西洋の時代別歴史、インド史、オリエント史、イスラーム史、ギリシア・ローマ史、イギリス史、フランス史、ドイツ史など網羅。「考古学」や「美術史」から、「グローバルヒストリー」、「カルチュラルヒストリー」、さらに「世界遺産学」も。「オーラル・ヒストリー」では聞き取り調査などのフィールドワークを行う。

研究発表と質疑応答で内容を深め、卒業論文の完成をめざす「人文学特殊演習(歴史文化)」

卒業論文を完成させるための演習。論文を執筆するうえでのスキルを高め、研究発表を通じて学生たちが互いに切磋琢磨し、質疑応答により課題を見つけ出す。また、時間外にも個別相談に応じながら、それぞれの問題解決をサポートしていく。

熟読・解釈を重ねる粘りと、構築・提示・質疑応答で鍛えた作法が、働く知性を支える

人類の過去を問いながら深く読み、疑い、自ら調べ、解決の道を模索し、組み上げた理解の提示と質疑への応答とを論理的に行おうと積み重ねた経験は、出版・印刷、不動産、金融・情報・サービスなどの多様な業種で活躍する卒業生を力強く支える。また、教員免許を取得し、中学・高校の教壇に立つ者もいる。

東京女子大学 現代教養学部 人文学科 歴史文化専攻の入試情報

東京女子大学 現代教養学部 人文学科 歴史文化専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:亜細亜学園、SCSK、JR東日本企画、住友化学、大日本印刷、TMI総合法律事務所、帝人、日本航空、日本政策投資銀行、YKK AP、国家公務員一般職、東京都教員

東京女子大学 現代教養学部 人文学科 歴史文化専攻の問合せ先

東京女子大学 現代教養学部 人文学科 歴史文化専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒167-8585東京都杉並区善福寺2-6-1
TEL:03-5382-6476(広報課直通 月~金 9:00~17:00)
Eメール:pr@office.twcu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。