経済学科

北海道

現代社会の情況に対応しながら、職業生活や社会生活の各領域において活躍することができる高い見識を備えた人材を育成

募集人数 152
初年度納入金 118.5 万円(諸会費を含む【実績】)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

北星学園大学 経済学部 経済学科の特長

現実の経済・社会を把握するという学問的視点を身に付ける

高度の体系性を備えた社会科学としての経済学を学び、経済学的思考を自らのものとすることを通じて、経済・社会への確かな視座を獲得できます。さらに、理論を体系的に積み上げて理解することで、学問的視点を身に付けられます。

グローバル社会を見据えた国際的な視点を重視

経済・社会を認識する上で、国と国との国際関係はもとより、国家の枠組みを超えた社会をも視野に入れ、国内の問題や身近な地域の諸問題に至るまでグローバルな視点から捉えることができます。

英語を中心に発展的な語学学習を促す

交換留学制度をより積極的に活用できるよう、学内TOEFL(R)テスト受検機会を学科で用意します。さらに、海外での研修の機会として「海外実習」を欧米とアジアで展開しているほか、「海外インターンシップ」を「認定科目」として設けました。

基礎学力の養成やアクティブ・ラーニングの推進

全国でも先駆的な取り組みである1年次必修の「新聞活用」では、新聞閲読を踏まえたディスカッションや報告により、時事問題への関心とメディア・リテラシーを陶冶します。また、より深化した「上級新聞活用」は、2年次の選択科目として履修できます。

専門的学問探求に途を拓く3コース制を導入

金融・環境・農業・医療など、様々な経済事象を理論的・実証的に分析・探求する「応用経済コース」、社会・歴史・思想・文化といった多面的な切り口から経済を深く探求する「社会経済コース」、広く世界に目を向けて国際社会の一員として経済・社会・政治のグローバルな分析・探求を行う「グローバル社会コース」を展開。

9の国・地域16大学との交換留学制度

交換留学制度は、アメリカ・カナダ・ヨーロッパの提携校12校と、アジアの提携校4校のいずれかに留学できます。留学先大学の授業料が免除されるなど、留学及び帰国後の費用を補助する制度もあります。派遣留学に伴う単位認定制度が用意されているため、留学期間を含め、4年間で卒業することができます。

北星学園大学 経済学部 経済学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:北ガスフレアスト、ツルハ、クワザワ、北海道ジェイ・アール商事、ホクレン商事、北洋銀行、北海道信用金庫、札幌副都心開発公社、日本通運、国家公務員(一般職)、財務専門官、札幌市職員(行政コース)

北星学園大学 経済学部 経済学科の問合せ先

北星学園大学 経済学部 経済学科お問い合わせはこちらへ

〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2丁目3-1
TEL 011-891-2731(代)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。