ものつくり大学

  • 109人が検討中

建設学科

埼玉

建築設計、建設プロジェクト、伝統技術、修復事業、技術開発、家具デザインなど幅広く活躍するリーダーを育成

募集人数 150
初年度納入金 160 万円(入学料20万円、授業料他140万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

ものつくり大学 技能工芸学部 建設学科 のコース

学科・コース名 募集人数
木造建築コース
都市・建築コース
仕上・インテリアコース
建築デザインコース

ものつくり大学 技能工芸学部 建設学科の特長

建築、土木、環境分野を横断的に学ぶ

2階建ての建物が建てられるほど大きな実習設備を使いながら、建築、土木、環境の分野を実践的なカリキュラムを通じて横断的に学ぶことが可能です。2年次後半からは「木造建築」「都市・建築」「仕上・インテリア」「建築デザイン」の4つのコースでより専門性を高めることができます。

実技と理論を融合した実践的工学教育

実技と理論を融合した実践的工学教育(体験重視型授業)を実施し、確かな技術と専門知識を身につけます。1・2年次は専門分野を細分化せず、関連性のある工学分野を複合的に学び、3・4年次に専門分野を深く学ぶことで、総合力を持ったオールマイティなエンジニアを育成します。

学生制作物がキャンパスを進化させ、社会貢献にも力を入れています

授業の中には、キャンパス内に本物の連絡橋を建設するものや江戸時代の本物の寺院を復元するものまであります。全ての工程を実体験できるため、特別な達成感を得られます。その他にも、「東屋(あずまや)」など授業の制作物を近隣の公園等へ寄贈するなど、地域とのつながりを意識したものづくりが学べます。

確かな技術と専門知識で即戦力として活躍

建設学科の卒業生の多くは、確かな技術と専門知識を活かし建設系の企業に就職。多くの知識を修得し、実際に実験・実習を経験してきた学生は、企業から高い評価を得ています。卒業生は、大学時代に身につけた技術と知識を十分に発揮し、社会の即戦力として生き生きと活躍しています。

ものづくりを活かした課外活動で多くの学生が活躍

創作意欲旺盛な学生が多く、技術と知識を活かした課外活動が盛んです。千利休作の茶室建築と伝えられる国宝「待庵」を原寸で再現。第58回技能五輪全国大会には8名の学生が5職種に出場し、左官職種で初めての金賞および銅賞のダブル受賞、また初出場のタイル張り職種では銀賞を受賞しました。

長期インターンシップにより、技術と知識の専門性を高め、社会人基礎力を身につける

40日間(最長80日間)にわたる長期インターンシップを経験することができます。インターンシップ先は、学生一人ひとりの専門分野や就職希望を考慮し、担当教員と相談しながら決定。インターンシップにより技術や知識を深めるだけでなく、コミュニケーション力等を高め社会人基礎力を身につけることで就職力も強化します。

ものつくり大学 技能工芸学部 建設学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:大和ハウス工業、清水建設、熊谷組、前田建設工業、NIPPO、東洋建設、フジタ、西武建設、淺沼組、三菱地所ホーム、住友林業ホームテック

ものつくり大学 技能工芸学部 建設学科の問合せ先

ものつくり大学 技能工芸学部 建設学科お問い合わせはこちらへ

〒361-0038 埼玉県行田市前谷333番地
TEL048-564-3816
exam@iot.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。