メディア・サイエンス領域

山梨

ICTを駆使して新たな価値を創造するクリエイター、イノベーターを育てます

初年度納入金 122.49 万円(授業料70万円、入学金15万円、教育充実費34万円等を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 メディア・サイエンス領域 の特長

山梨英和大学の3つのキーワード「こころ」、「グローバル」、「インターネット」

時代を読み解くキーワードの一つとして、「インターネット」に着目した領域制。
POINT1 豊かな未来をつくるICTを学ぶ
POINT2 情報を集め、創り、発信する技術を学ぶ
POINT3 科学の力で新しい「知」を生み出す方法を学ぶ
という3つの学びのハイライトを用意しています。

ICTを駆使して新たな価値を創造するクリエイター、イノベーターを育てます

「基礎科目」と少人数の「ゼミ」で“自分の興味・特性”を見きわめ、「6つのプログラム」で専門性を獲得します。
●1年次:基礎科目(習熟度別英語・ICTスキル・日本語スキル)を全員が履修
●2年次~:専門性を深める[ICTプログラム]を履修することで、高度なシステム体系の理解へと進み、社会に有為な人材を育成

POINT1 豊かな未来をつくるICTを学ぶ

常に新しい技術が生まれる現代においても、プログラミングやネットワークなどの基本を身につければ、環境が変わっても通用する確かな基礎となります。本領域ではそれらの基本を学び、3年次の専門ゼミナールでは、これらを基礎としてIoT、ビッグデータ、機械学習、人工知能など、近年話題になっている技術を身につけます。

POINT2 情報を集め、創り、発信する技術を学ぶ

情報爆発と呼ばれる現代においては、たくさんの情報の中から本当に必要な情報を自ら探しだす力が必要になります。そして、SNSの台頭が目覚ましい今日では、自ら得た知識を知恵に変え、世に発信していくことが求められています。本領域ではみなさんの新しいアイディアをICTの力で形にし、外に向けて発信する力を養います。

POINT3 科学の力で新しい「知」を生み出す方法を学ぶ

科学とは、今までの社会にない「何か」を生み出すために、技術や知識を活かす人間の営みであるとも言えます。技術を学ぶことは重要ですが、同時に創造性を養うことも重要です。メディア・サイエンス領域では、アクティブラーニングやPBLなどを積極的に活用して、みなさんの創造性を引き出します。

ICTに初めて触れる学生も、安心して学べる環境を用意

大学4年間にわたりMacBook*を無償貸与。学生のコンピュータスキルにあわせて、操作方法やレポート作成、プレゼンテーションやデータの整理と分析など、パソコン初心者でも無理なくレベルアップを図ることができます。また、キャンパス全域で無線LANを完備しています。
*Apple Inc.の商標です

山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 メディア・サイエンス領域の入試情報

山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 メディア・サイエンス領域の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:明治安田システムテクノロジー、ユニ・テクノロジー、エスエスワイ、TKC、エノモト、赤堀技研、共立機器、山陽精工、G&T、東和ソリューションエンジニアリング、セコム山梨

山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 メディア・サイエンス領域の問合せ先

山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 メディア・サイエンス領域に関する
お問い合わせはこちらへ

〒400-8555 山梨県甲府市横根町888
TEL:055-223-6022
admission-office@yamanashi-eiwa.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。