熊本保健科学大学

  • 171人が検討中

言語聴覚学専攻

熊本

言葉・聞こえ・食べることに障害のある方々にリハビリを行う言語聴覚士を目指します。

募集人数 40
初年度納入金 155 万円(入学金20万円含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

熊本保健科学大学 保健科学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 の特長

チームスタッフとして、即戦力として活躍できる言語聴覚士の養成

言語聴覚士とは、言葉や聞こえ、食物を飲み込むことに障害のある人に対してリハビリを行う専門職です。本専攻では、全人教育、教養教育を通してチームスタッフとして活躍することを目指すとともに、即戦力となるための実践的なスキルを豊富な実習体験を通じて身につけていきます。

言語聴覚士を育てるための4つの学習の特徴

コミュニケーション能力と専門的な言語能力を養う「早期からの専門教育」。3年次の早期に行う実習で養う「専門家としての自覚」。実践に直結した臨床実習から身につける「実践力と地域貢献」。4年次の国家試験対策へとつなげる「資格取得への万全の体制」。本専攻では、この4つの特徴を軸に言語聴覚士養成を行います。

1年次から始まる豊富な臨床実習で、学習意欲を高め、言語聴覚士の理想像を追求します

1年次は1週間の見学実習。臨床現場を体感することで目指す言語聴覚士の姿を描き、学習意欲を高めます。3年次前期末の評価実習では、実際の言語聴覚療法の対象者(児)に検査・考察を行います。3年次後期には8週間の臨床実習で検査→考察→訓練立案→訓練実施という一連のリハビリテーションを体験します。

医療機関や福祉関連機関、教育機関が活躍の場

言語聴覚士の活躍の場は、広がりを見せています。リハビリテーション科や耳鼻咽喉科、小児科、形成外科などの医療機関。小児療育センターや通園センター、福祉施設などの福祉関連機関。特別支援学校・学級などの教育機関。また、保健所や老人保健施設などでも言語聴覚士は求められています。

推定で約6万人の言語聴覚士が必要とされている

1997年に国家資格となり、毎年約1500人の言語聴覚士が誕生し、有資格者は2020年3月には3万4000人となりました。しかし、言語聴覚関連の障害のある方は推定で650万人とも言われています。この現状下、優れた知識と技術、豊かな人間性を備えた言語聴覚士が必要とされています。

社会ニーズに応える言語聴覚士の養成

高齢社会を迎え、言語障害や嚥下障害のリハビリを必要としている方が増加しています。また、小児においても言語障害の早期発見・援助の重要性が認識されています。この状況を踏まえ、言語聴覚士を養成し、患者さんのQOL(Quality of Life:生活と人生の質)向上に貢献できる人材を育成することが本専攻の目的です。

熊本保健科学大学 保健科学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の入試情報

熊本保健科学大学 保健科学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:熊本市職員(言語聴覚士)、熊本機能病院、熊本リハビリテーション病院、済生会熊本病院、飯塚病院、福岡東医療センター、福岡リハビリテーション病院、長崎記念病院、日南市立中部病院、今給黎総合病院、阪神リハビリテーション病院、横浜旭中央総合病院、イムス板橋リハビリテーション病院

熊本保健科学大学 保健科学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の問合せ先

熊本保健科学大学 保健科学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒861-5598 熊本市北区和泉町325
096-275-2215 (入試・広報課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。