大阪大学

  • 7,971人が検討中

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)

法学部

大阪

法学部

募集人数:250

初年度納入金:81.78 万円(文部科学省令で定める2018年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
法学科 170
国際公共政策学科 80

大阪大学 法学部の特長

法学部

 法学科では、法、および政治を学ぶことで、現在の社会がかかえる諸問題に対応する。カリキュラムは大きく分けて、講義と演習から成り立っている。学年が進むにつれて、専門科目に重点を移していく、系統だったシステムを採用する。
 現代社会に対応する取り組みも積極的に行っている。コンピュータによる法情報検索を行う「法情報学」の開講も、その表れといえる。大阪弁護士会と提携して、弁護士事務所で法律実務を直接学ぶ「インターンシップ」制度も導入している。
 実学重視の特別講義が特徴になっている。「ロイヤリング」は、大阪大OBの弁護士など、法曹専門家を講師に招いて、法律実務の今日的、具体的テーマを講義する名物科目である。
 国際公共政策学科では、法学・政治学・経済学の複数分野の基礎を体得した上で、現在の社会、特に国際社会の法・政治・経済問題へ、それを適用するための、国際関係、国際法、国際経済、外交政策、開発政策、環境政策などの科目を配置し、現実の問題への理解と対応の能力を磨く。
 また、外国語、特に英語の学習を奨励しており、一定の外国語能力を卒業要件とするほか、国際経験の豊富な教員を配置し、いくつかの授業を英語で行う。さらに、口頭報告、報告書作成、討論、交渉などによる表現力を養い、専門能力・語学力を合わせて、国際社会で不可欠な総合的コミュニケーション能力を養う。
 1・2年次で、専門領域である法学・政治学・経済学の基礎を等しく学ぶ。同時に語学力とプレゼンテーションなど、コミュニケーション能力の基礎をつくる。
 専門課程では、学部中級から上級レベルの法学・政治学・経済学と分野横断的な政策課題を総合的に学ぶ。政策課題に関する英語による演習科目を設け、語学力を含む討論・交渉などのコミュニケーション能力を高度な段階に引き上げる。

大阪大学 法学部の入試情報

入試一覧

大阪大学 法学部の問合せ先

大阪大学 法学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒560-0043  大阪府豊中市待兼山町1の6
TEL (06)6879-7096 (教育・学生支援部入試課直通)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。