看護学科

茨城

国立病院機構水戸医療センターをはじめ3つの病院と連携して、地域の医療を支える質の高い看護職を養成します

募集人数 80
初年度納入金 177 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

常磐大学 看護学部 看護学科の特長

より高い専門性と幅広い教養を身につけ、リーダーシップのとれる人材に

これからの看護職に求められる高度な技術と判断力のある人材を養成。臨床の最前線である国立病院機構水戸医療センターなど各実習施設との強い連携で、変わり続ける現場に対応し専門性を高めるカリキュラムを実施。本学他学部とも連携して幅広い教養を身につけ、多職種と協働してリーダーシップのとれる人材をめざします。

「地域包括ケアシステム」を地域社会の現場で学ぶ

今後ますます必要性が高まる地域包括ケアシステムについて、実践的に学修し、地域社会において多職種間で協働する力を養います。「地域包括ケア演習」では、実際に地域をフィールドとして地域保健・医療の現状を取り上げ、看護の課題と役割について学修します。

「看護職を知る」「学びの方法を知る」「自分自身を知る」ことから看護職への道がスタート

入学後二か月目に行われる病院や施設での実習では、実際に看護師や医療チームの仕事を間近で見ながら看護職としての姿勢や関わり方を学び、自分がめざしたい看護職のイメージを具体化していきます。二年次以降は講義・実習・演習を通して、チーム医療、小児看護、成人・高齢者看護などを学んでいきます。

国立病院機構水戸医療センター、霞ヶ浦医療センター、茨城東病院との連携

臨地実習の多くを地域医療の中核を担う国立病院機構 水戸医療センターとの連携により実施、隣接する桜の郷キャンパスを拠点とするため、充実した実習環境で学ぶことができます。そのほか霞ヶ浦医療センター、茨城東病院とも連携協定を締結。茨城県内の医療機関・施設、学校を実習先とし、地域に根ざした学びを実現します。

仲間とともに看護の知識を深めることができる(石川絢菜さん 1年)

地域の方々を支える看護職をめざしています。授業では実習だけでなく、日本が抱える少子高齢化などの問題や医療現場の地域包括ケアシステムについてグループで意見交換を行う場面もあります。友人たちの意見を聞くことで、新しい気づきや視点を得ることができ、看護に対する知識や自分の考えを広げることができています。

桜の郷キャンパスと見和キャンパス

桜の郷キャンパスは、多くの臨地実習を行う水戸医療センターに隣接。学生が主体的に学べる設備が充実しています。人間科学部、総合政策学部のある見和キャンパス内には、図書館や情報メディアセンターなど、幅広く学修するための施設が整っています。キャンパス間の移動には、専用の無料シャトルバスを運行しています。

常磐大学 看護学部 看護学科の入試情報

常磐大学 看護学部 看護学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:看護師として病院・診療所、訪問看護ステーション、介護施設。保健師として保健所・保健センター。産業保健師として民間企業。養護教諭として小学校、中学校、高等学校など。

常磐大学 看護学部 看護学科の問合せ先

常磐大学 看護学部 看護学科お問い合わせはこちらへ

〒310-8585 茨城県水戸市見和1-430-1
TEL/029-232-0007 アドミッションセンター
kouhou@tokiwa.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。