沖縄大学

  • 226人が検討中

こども文化学科

沖縄

子どもをとりまく文化・環境に多角的にアプローチしながら、「子ども学」のエキスパートを育成します

募集人数 50
初年度納入金 96.23 万円(入学金・学生諸費を含む、分割納入も可)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

沖縄大学 人文学部 こども文化学科の特長

教育現場での実践力を磨き、小学校教諭を目指します

教職入門セミナー、教職インターンシップといった専門科目を学び、小学校教諭一種免許状<国>の取得を目指します。さらに、「学校ごっこ、沖大付属小中学校」といった取り組みを通して教師としての実践力を向上。社会のさまざまな場で子どもに寄り添って生きていく「子ども学」のエキスパートとなれる実力を身につけます。

未来の沖縄を担う子どもたちのために学んでおきたいカリキュラム

■学習支援ボランティア
小学生への学習支援を通して実践力を養う。
■フィールドワーク
現場の教科指導教諭の研究授業参観や、授業研究会に参加して、授業づくりを学ぶ。
■沖大付属小中学校
地域の子どもを大学に招いて期間限定の「沖大付属小中学校」を開校。1~3年生が行う授業に、教育実習後の4年生がアドバイスを与える。

指導力を高めるためのカリキュラムも充実

■初等理科教育法
学生が、教材や教具を工夫し、理科の授業作りの基本を習得する。
■初等音楽I
小学校の教育現場で必要な音楽理論及び実技を習得する。
■生徒指導論
小学校低学年~高学年の発達に応じた具体的な指導・支援を学び、さまざまな場面を想定したケーススタディを行う。

1年次は全員が模擬授業「学校ごっこ」を体験します

小学校の一日を真似て、学生自ら模擬授業の場をつくったことが始まりとなり、本学科では1年次に「学校ごっこ」と称した模擬学校を行っています。1年生はゼミごとに授業をつくり、授業実践を発表。いろんな授業の事例を見て、学ぶことで、4年次に体験する教育実習へのステップにしています。

沖縄県教員採用試験では毎年合格者を輩出しています

教員採用試験に向けて、対策講座や勉強会を実施。沖縄県教員採用試験では2015年度は8名、2016年度は7名、2017年度は13名、2018年度は19名が現役合格という実績を残しています。同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨しあえる環境と、大学の手厚いサポートのもと、「教員になる!」という目標をたくさんの先輩が叶えています。

子どもや教育に関わる問題についての解決能力や解決姿勢を身につけます

小学校教師を目指す人、子ども文化に関わる仕事がしたい学生に対して、問題を解決するための基礎的な能力や、子どもや教育に関わる問題について、自ら学び考えようとする姿勢を教えます。子どもと一緒に学びそして遊べる人、また時に子どもに寄り添い、共に泣き、子どもを励ますことのできる人材を育成します。

沖縄大学 人文学部 こども文化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:小学校教員、真和志児童クラブ(株)、(株)ザ・ギンザ、沖縄海邦銀行、(学)沖縄キリスト教学院大学、(株)オリオン商事、(株)飯田ケーブルテレビ

沖縄大学 人文学部 こども文化学科の問合せ先

沖縄大学 人文学部 こども文化学科お問い合わせはこちらへ

〒902-8521 沖縄県那覇市字国場555
TEL:098-832-3270

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。