地域創成農学科

兵庫

「食と農」のエキスパートとして、地域の創成に貢献できる人材を養成します

募集人数 50
初年度納入金 168 万円(入学金30万円含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

吉備国際大学 農学部 地域創成農学科の特長

農・食産業を基礎とした地域社会の創成と、活性化を担うリーダー的人材を育成

農業の6次産業化に求められる生産、加工、流通分野の知識と技術、研究能力や技術開発力を身につけ、国内外で活躍できる人材を育てるための教育プログラムを導入。一大農業生産地であり、豊かな自然と人情味、歴史文化のロマンあふれる淡路島での学びを通して学生の能力を最大限に伸ばし、未来を切り拓く力を育てます。

農業技術分野

植物育種学や病理学などの科目を通して、品質の高い農産物の生産や病害対策など農業の軸となる知識・技術を学びます。また植物の病虫害などの防除技術の開発と実践を目的とした「植物クリニックセンター」を設置。病虫害、雑草害、鳥獣害による被害の専門家や、農薬や土壌肥料、耐病性育種のスペシャリストを配しています。

農業経済・経営分野

日本と世界のフードシステムの現状と特徴や問題点を、国民経済の発展や世界経済の動向と関連づけて研究し、国際規律と整合性のある国内の食料・農業・農村政策がどのように展開されてきたのか理解します。そして成功をおさめている農業経営等のケースも学び、農業・農村創成の方法について検討します。

食品化学・加工分野

魚介類の宝庫であるとともに、農業や畜産の盛んな淡路島。そこで培われた伝統的加工技術を学びながら、さらに美味しさや健康の維持増進などの機能性を高めた加工食品の創出をめざします。そしてそれを地域の特産とし、全国ブランドに発展するように開発するのも主な研究領域です。

淡路島がまるごとキャンパス。恵まれた自然環境を活かした活動に取り組む学生がいっぱい!

淡路島の野菜や果物を使った食品開発に取り組む「食品加工サークル」、南あわじ市の害獣駆除を目的に狩猟解禁日から狩猟を行い、解体した肉を食品加工サークルや研究用に提供する「狩部・チーム追山」など、ユニークな学生サークルがいっぱい。開発した食品やジビエ料理は地域のイベントにも出展し、楽しく活動しています。

文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」(平成29年度)に選定されました

農学部が中心となって取り組む事業「エコ農業ブランディングによる発展的地域創成モデルの形成」が、「私立大学研究ブランディング事業」に選定され、文部科学省からの支援を受けて進行中です。今後は事業を通じて、南あわじ市と本学のブランドを全国に発信するとともに、公開講座やシンポジウムの充実を計画しています。

吉備国際大学 農学部 地域創成農学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:有限会社九十九里ファーム、エイジェック株式会社、キリングループロジスティクス株式会社、株式会社コロワイドMD、株式会社クスリのアオキホールディングス、株式会社マツヤスーパー、株式会社B・Fエンジョイ、クボタアグリサービス株式会社、ダイリキ株式会社、新屋エンゲイ、梅澤糧穀株式会社、株式会社ツトムファーム、神戸牛 吉祥グループ本社、寺千代水産、有限会社三田青果、HOSTEL NAKAMURA kobe、株式会社善太、小家の梵、特定非営利活動法人にこにこのうえん、株式会社みんなの牧場、株式会社エフイーエーシー、米子市、あわじ島農業協同組合、香川県農業協同組合、沖縄県観光事業協同組合、社会福祉法人みささぎ会

吉備国際大学 農学部 地域創成農学科の問合せ先

吉備国際大学 農学部 地域創成農学科お問い合わせはこちらへ

〒700-0022 岡山県岡山市北区岩田町2-5
フリーダイヤル 0120-25-9944
E-mail koho@kiui.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。