吉備国際大学

  • 48人が検討中

アニメーション文化学科

岡山

アニメーション制作とプロデュース手法を学び、日本の映像文化の担い手を育成します

募集人数 40
初年度納入金 133 万円(入学金30万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

吉備国際大学 アニメーション文化学部 アニメーション文化学科の特長

取り組みの幅が広がる科目群で、アニメーションに対する興味・関心を追究する

本学科の学びは3分野から構成され、アニメーションを総合的に学べる科目を整備しています。「読んで、観て、世界観やキャラクターについて研究」、「自らアニメーションを創る」、「アニメーションの企画から制作・販売などの実践的活動を学ぶ」など、学生一人ひとりのアニメーションに対する興味や関心を追究できます。

3つの科目群で、キャラクタービジネスとコンテンツの活用法・保護を専門的に学ぶ

「イラスト・アニメーション制作」「プロデュース」「文化研究」の3つの科目群で専門領域を学びます。自ら課題を見つけ、解決に取り組む一連のプロセスを学ぶため、フィールドワークを重視したカリキュラムを実施。学生の手でプロジェクトを立ち上げ、やりきる過程を通じて自発的に行動できる力を身につけます。

地域を知り、CM制作を通してプロの仕事を体験する「アニメーション演習II」

キャンパスのある高梁市は城下町で、伝統を大切にした工芸などの仕事や職業が息づいています。これらの仕事を取材し、地域の方とのふれあいを通して町の成り立ちを理解しながら、CMとして本格的な制作のポイントを学習。実写合成をもとにアニメキャラをデザインし、プロの仕事を体験することができます。

名作アニメを手がけたプロデューサーが先生。現場仕込みの制作・プロデュース手法を修得する

コンテンツプロデュースを学ぶための科目群では、専任教授に井上博明氏が就任。漫画プロダクションやアニメ制作会社で培った、制作進行・プロデュースの手法を学生に伝授します。画の上手・下手ではなく、キャラクターを用いて「何がしたいか」を考えることを重視した学びで、キャラクタービジネスを担う人材を育成します。

「アニメーターをめざし経験を積んでいます」(福田 大二さん/アニメスタジオ えかきや勤務)

総社市のアニメスタジオに勤務し、現在は、原画と原画の間を指定された枚数の絵を描き、動きを補完する動画担当を務めています。在学中に動きの基礎を学んだことが今の仕事に活きています。完成した動画が滑らかに動く様子を見ると苦労が報われますね。(前身学科である文化財学部アニメーション文化学科卒業生。2017年卒)

地域活性から、海外へ。優れたコンテンツを生み出しビジネスにつなげる人材に

地方自治体や商工会議所、一般企業の企画・広報など、幅広い分野での活躍が想定されます。プロデュースやコンテンツ保護のための知識を修得することで、日本のコンテンツビジネスの弱点である「優れたコンテンツをビジネスとして売り込む」人材の不足を解消し、海外へのコンテンツ発信などグローバルな活躍も期待できます。

吉備国際大学 アニメーション文化学部 アニメーション文化学科の問合せ先

吉備国際大学 アニメーション文化学部 アニメーション文化学科お問い合わせはこちらへ

〒700-0022 岡山県岡山市北区岩田町2-5
フリーダイヤル 0120-25-9944
E-mail koho@kiui.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。