法律学科

神奈川

1クラス5~15名の少人数授業により密な指導が受けられます。

募集人数 180
初年度納入金 121.23 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

桐蔭横浜大学 法学部 法律学科の特長

現代社会の多様なジャンルに対応できる人材育成を目的に3つのコース・2プログラム・1課程を設置

企業人のスキルを学ぶ「企業ビジネスコース」、公務員や法務関係の資格取得を目指す「公務員・法律専門職コース」、地方公務員を養成する「地方公務員プログラム」、警察官や消防官を目指す「警察官・消防官コース」、スポーツと法律学の知識を活かす「スポーツ法学プログラム」、中・高の教員を目指す「教職課程」を設置。

体験を重視し、コミュニケーション能力を高める授業内容です

当学部では、体験することに重点を置いた教育を展開。例えば、1年次から模擬裁判を体験することができます。また、法学の問題を解決するのに欠かせない人とのコミュニケーション能力を育てるため、話す、読む、書く、の基本的なコミュニケーション能力を磨き、実社会へ適応する実務養成型教育を実施しています。

法学部出身者は企業が求めている人材

“法学部”と聞くと、弁護士や裁判官を連想する人も多いかもしれませんが、法曹資格者だけを養成する学部ではありません。法律知識を中心に社会に出た時に役立つ多くの知識やスキルを身につけることができ、民間企業や公務員としてさまざまなフィールドに活躍の場があります。

就職へのモティベーションをしっかり支えます

1年次後半から始まる「キャリア教養講座I・II・III」を受講することで、公務員試験にも民間企業への就職にも必要な基礎教養を確実にします。3年次からはそれぞれの進路に合わせた試験対策講座やゼミを用意。就職ガイダンス授業や個別相談と併せて、夢の実現をきめ細かく、力強くサポートします。

歴史的遺産としても価値の高い「陪審法廷」での模擬裁判も

桐蔭横浜大学には2つの模擬法廷があります。ひとつは東京地裁を再現した「法廷ゼミ室」。もうひとつは旧横浜地裁から移築・復元された「陪審法廷」です。なかでも「陪審法廷」は、日本に2つしか現存しておらず歴史的遺産としても非常に価値の高いものです。法学部では、これらの法廷を使用し、模擬裁判の授業を行います。

桐蔭横浜大学 法学部 法律学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:警視庁、神奈川県警察、千葉県警察、東京消防庁、横浜市消防、さいたま市消防、神奈川県警察事務、所沢市役所、松山市役所、寒川町役場、横浜刑務所、野村証券、東京信用金庫、栃木銀行、東急リバブル、NTT西日本、JAセレサ川崎、JA千葉みらい、日本郵便、JTB関東、相模鉄道、京王電鉄、本田技研工業、東海理化電機製作所、ホシザキ湘南、富士ソフト、日本発条、ノジマ、大塚商会

桐蔭横浜大学 法学部 法律学科の問合せ先

桐蔭横浜大学 法学部 法律学科お問い合わせはこちらへ

〒225-8503 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
TEL 045-974-5423(入試・広報センター)
nkc@toin.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。