児童学科

徳島

充実したカリキュラムで子どもたちに関する「理論」を学び、実習を通して子どもと触れ合い、「実践力」を養います。

募集人数 120
初年度納入金 133.2 万円(入学金含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

四国大学 生活科学部 児童学科の特長

きめ細かな実習指導

徳島県内の保育所や福祉施設、幼稚園や小学校で学外実習を行います。実習前はもちろんのこと、実習先での訪問指導や実習後の事後指導など、きめ細かな実習指導を行い、実践的学びの基盤を培っています。

多彩な教授陣による卒業研究

3年生からは、少人数で行われるゼミに所属します。そこで、2年間かけて保育や教育に関する研究・制作を行います。「たのしい授業プランの研究」「笑顔における表情認知について」「子育て支援の専門性について」などの研究が行われています。

社会科概論

小学校の教員を目指す学生が、それぞれの教科の内容や指導法について学ぶ授業です。1~6年生のそれぞれの教科の内容を領域別、学年別に概観し、教材研究の方法、授業の仕方などを実践的に身に付けていきます。

教育実習(小学校・幼稚園)

学校現場を体験する実習は、3・4年生で行います。期間は4週間ですが、小学校と幼稚園の両方の教員免許を取る人は、それぞれ2週間となります。最初の週で配属先の学校の先生の授業や指導の様子を観察し、2週目からは先生となって子どもたちを指導します。子どもと接する難しさとともに、その喜びが実感できます。

保育実習

保育所や児童福祉施設等の役割と機能、保育士の業務や職業倫理を理解し、子どもの保育と保護者への支援について、実践的に学びます。一人ひとりの内面と発達を理解して言葉がけや援助をすることの難しさ、子どもの笑顔と日々の成長に出会う喜びを経験する保育実習は、保育士として大きく成長する大切な機会となっています。

卒業後の進路

小学校、幼稚園、保育所、児童養護施設に進む学生がほとんどです。徳島をはじめとする四国地方、大阪や岡山など近畿・中国地方、最近では関東地方など各地で活躍しています。他にも、大学院への進学や一般企業へ就職する学生もいます。

四国大学 生活科学部 児童学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:教育委員会(徳島県・大阪府・千葉県・大分県・静岡県・沖縄県)、幼稚園(公立・私立)、保育所(公立・私立)、保育園(公立・私立)、幼保連携型認定こども園(公立・私立)、板野郡農業協同組合、(株)阿波銀行、(株)四国ガス燃料

四国大学 生活科学部 児童学科の問合せ先

四国大学 生活科学部 児童学科お問い合わせはこちらへ

〒771-1192 徳島市応神町古川字戎子野123-1
TEL:0120-65-9906(広報課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。