大阪経済大学

  • 540人が検討中

情報社会学科

大阪

社会学、経営・経済学、情報学。3つの観点から、個人と世界の関係性を解明する

募集人数 250
初年度納入金 117.3 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪経済大学 情報社会学部 情報社会学科 のコース

学科・コース名 募集人数
現代社会コース
経営・経済コース
情報コミュニケーションコース

大阪経済大学 情報社会学部 情報社会学科の特長

現代社会の様々な問題を発見・分析・解決する能力のある人材を養成

情報社会学部では、「社会学」、「経営・経済学」、「情報学」という3つの観点から社会のあらゆる関係性を解明。より良い社会を創造するためにどのような働きかけができるのかを実践的に追求します。知識と技術を土台に、斬新なアイデアを創出し、社会に発展をもたらす人材を育成します。

3つの学問領域を融合。客観的に現代社会を捉える

複雑な事情が入り組んでいる現代社会を分析するには、複数の専門領域を学ぶことが必要です。そこで本学部では、社会学、経営・経済学、情報学を融合したカリキュラムを整備。社会を概念的に捉えるだけではなく、数値などで客観的に把握できる力を養います。

日商簿記やFPなどの資格取得をバックアップ

日商簿記やFP、基本情報技術者など、学部の学びと関連した資格取得の支援制度を整備。所定の資格取得で単位認定、さらに課外の資格対策講座を受講し、所定の資格取得で受験料補助を受けられます。また、TOEIC(R)などの語学系資格も一定条件を満たせば単位認定されます。

情報社会に求められるクリエイティブな力を培う

ICTはあくまでツール(道具)であり、授業では、ICTにまつわる知識・技術を活用し「社会にどう応用するか」を常に追究。創造的・革新的な発想を生み出せるクリエイティブな能力を培い、実際の社会におけるさまざまなシーンで諸問題を解決できる人材を育成します。

社会調査士について

あらかじめ定められた認定科目の単位を修得することによって、社会調査士の資格を取得することができます。世論や市場動向、社会事象をとらえることのできる社会調査の能力を有する専門家として認められているものです。「社会調査論」「量的データ分析法」「アンケート分析法」「社会調査演習」などの科目が対象です。

資格取得による単位認定

「基本情報技術者」「2級ファイナンシャル・プランニング技能検定」「日商簿記検定2級」を在学中に取得した学生は、申請により、それぞれ2単位が認定されます(ただし最高で4単位まで)。受験料の補助もあり、情報社会学部ではこれらの特典を利用して、積極的に資格取得することを勧めています。

大阪経済大学 情報社会学部 情報社会学科の入試情報

大阪経済大学 情報社会学部 情報社会学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:SCSK、NECネクサソリューションズ、富士通、アイリスオーヤマ、たけでん、リンテック、山崎製パン、西日本旅客鉄道、近畿労働金庫、大阪市役所

大阪経済大学 情報社会学部 情報社会学科の問合せ先

大阪経済大学 情報社会学部 情報社会学科お問い合わせはこちらへ

〒533-8533 大阪市東淀川区大隅2-2-8
TEL 06-6328-2431(代表)
E-mail:nyushi@osaka-ue.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。