帝京平成大学

  • 998人が検討中

経営情報コース

東京

情報技術を活用しあらゆる業界で活躍できるプロを養成

募集人数 30
初年度納入金 130.33 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

帝京平成大学 人文社会学部 経営学科 経営情報コース の特長

情報技術をベースに、IT分野に留まらず、より広い分野で活躍できる人材を養成

情報技術をベースとし、単にパソコンやインターネットなどのIT分野に留まらず、より広い分野で活躍できる人材を養成することを目指しています。経済活動の分析、文献検索、マルチメディアなどの分野にも興味を持つ意欲ある学生を歓迎します。

少人数クラスによる親身な指導でコンピュータの基礎から学ぶ

1年次は、技術者としての土台となる基礎的な科目を中心として幅広い教養を身につけるとともに、情報処理に関する基礎知識を学習します。2・3年次での専門教育によってシステムエンジニアに必要な実践的、応用的な技術を修得。4年次は、大学生活の集大成である卒業論文に取り組み、IT関連企業への就職を目指します。

「プログラム演習」

ソフトウェアを記述するために使われているのがプログラミング言語と呼ばれるものです。本科目では、パソコン上で実際にプログラムを作成しながら、プログラミング言語の持つ基本的な概念や文法などの基礎から応用までを学びます。

情報社会の仕組みを熟知した論理的思考の持ち主として幅広い分野で活躍

ソフト制作会社、ゲーム制作会社、プログラム開発会社、一般企業のソフト開発部門、ネットワーク管理会社、システムエンジニア、プログラマー、カスタムエンジニア、精密機器会社など、幅広い活躍の場が想定されます。

マルチメディア検定、基本情報技術者などの資格取得を目指す

プログラミング言語の学習により取得を目指せる資格として、ITパスポート試験<国>、基本情報技術者試験<国> などがあげられます。

パソコン演習室

パソコンやインターネットの活用は、IT業界のみならず多くの分野で必要となる技術です。多くの授業をコンピュータを設置したパソコン演習室においておこなっています。実際の情報処理環境に触れながら、パソコンの基礎からインターネットのセキュリティなど情報処理に関わる実践的な知識と経験を積んでいけます。

帝京平成大学 人文社会学部 経営学科 経営情報コースの入試情報

帝京平成大学 人文社会学部 経営学科 経営情報コースの問合せ先

帝京平成大学 人文社会学部 経営学科 経営情報コースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒164-8530 東京都中野区中野4-21-2(中野キャンパス)
TEL:0120-918-392(入試相談)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。