千葉科学大学

  • 116人が検討中

看護学科

千葉

薬学部・危機管理学部と連携し、安全で安心な健康生活の確保のために、危機管理の素養を身に付けた看護専門職を養成

募集人数 80
初年度納入金 193 万円(※入学金25万円含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

千葉科学大学 看護学部 看護学科の特長

「人を助けたい、という人の大学」で、豊かな人間性を備えた看護専門職を育成

看護現場では、専門知識・技術に加え、豊かな人間性を備えた人材が求められます。千葉科学大学看護学部では、「人を助けたい」という信念を持った看護実践者を養成することを目標にカリキュラムを設置。安全・安心な健康生活を確保するための看護技術を学びます。

薬学部、危機管理学部と連携し、保健医療チームメンバーとして協働する力を育成

「いのちと生活III(生活と危機管理)」「いのちと生活IV(薬と危機管理)」「医療専門職連携導入」「医療専門職連携発展」など、本学の薬学部・危機管理学部と連携する科目を開設し、講義を展開。他職種と協働できる幅広い見識を持った看護専門職を養成します。

国内初設置の危機管理学部のある大学ならではの講義を展開し、危機管理意識の高い人材を育成

看護学は、常に対象者の安全の保障、人権の尊重、危機予防を重視した学問です。看護学部では、国内初設置の危機管理学部のある大学ならではの災害看護学・リスクマネジメント論・感染看護学・国際看護学を開講し、危機管理意識の高い人材を養成します。

基礎・発達・広域・統合の4分野の看護学を学ぶ

人間の発達特性から「発達分野看護学」、看護を受ける場の広域性から「広域分野看護学」、そして両分野共通した基礎となる「基礎分野看護学」や「統合分野看護学」の4分野を学び、看護職に必要な能力を育てていきます。

地域に密着した施設での実習を行い、地域住民のニーズに即した知識や技術を体得する

実習現場は地域住民の健康問題・課題が把握しやすく、かつ学生の地域への関心を喚起する観点から、地域に密着した病院、介護老人保健施設、特別養護老人ホームなどの施設が中心になります。看護が行われている保健医療福祉施設に実際に身を置き、現場でどのような知識や技術が求められているのかを体感・体得していきます。

危機管理教育・研究の実績を活かし、保健医療福祉チームのメンバーとして協働できる能力を育成

東日本大震災を契機に、わが国では危機管理に関する意識・対策が叫ばれるようになりましたが、本学では開学当初より「危機管理」をキーワードにカリキュラムを構築してきました。看護学部では、看護の立場から見た危機管理の素養を培い、保健医療福祉チームのメンバーとして協働できる能力の育成を目指します。

千葉科学大学 看護学部 看護学科の入試情報

千葉科学大学 看護学部 看護学科の問合せ先

千葉科学大学 看護学部 看護学科お問い合わせはこちらへ

〒288-0025 千葉県銚子市潮見町3番
TEL 0120-919-126 入試広報課・受験生ホットライン
koho@cis.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。